女子バスケットボール日本代表としてリオ五輪ではベスト8進出を果たし、日本のWリーグとアメリカのプロリーグWNBAでプレイする渡嘉敷来夢(26)に独占インタビューを敢行。4回に分けてお送りする。

第一弾では、渡嘉敷来夢のアメリカの憧れ、そして両リーグをプレイする彼女だからこそ知る”違い”を語る。

渡嘉敷来夢(とかしき らむ):JX-ENEOSサンフラワーズに所属、ポジションはセンターフォワード。2015年からアメリカのプロリーグWNBAのシアトル・ストームと契約を結び日本人3人目のWNBAプレイヤーとなった。