「時は来た!ドラフト指名を待つ男たち」

楠本 泰史 くすもと・たいし
花咲徳栄高→東北福祉大
外野手・右投左打・180センチ77キロ・1995年7月7日生(22歳)

ヘッドを効かせた鋭いスイングで力強い打球を弾き返す打撃が光る。その源は花咲徳栄高時代に「嫌というほど鍛えました(笑)」というリストの強さだ。

今夏は侍ジャパン大学代表の4番打者として日米大学野球とユニバーシアードを戦い、大活躍を遂げた。

東北福祉大入学時から楠本の中で変わらぬ信念がある。それは「大きな舞台で結果を残す」ということ。高校3年時にセンバツ甲子園に出場したが、3打数0安打で初戦敗退。

「自分の練習してきた成果が、素晴らしい舞台で何も出せなかったという心残りしかありません」

その悔しい思いを糧として成長を遂げてきた。東北福祉大では1年春からレギュラーを掴み、昨年は侍ジャパン大学代表に初選出され、日米大学野球に出場。今春は打率.415をマークしてリーグの首位打者に輝いた。

そして今年の侍ジャパン大学代表では4番打者に指名されると、7月の日米大学野球で打率.389を残し首位打者を獲得。米国開催で史上2度目となる優勝まで、あと一歩と迫る2勝3敗の成績は楠本の存在なしには語れない。

また8月のユニバーシアードでは、打率.310、8打点を挙げる活躍で2大会連続金メダル獲得に導き、その大役を見事に果たし切った。

好調の要因について尋ねると「甘いボールを1スイングで仕留めることができるようになったのが大きいです。狙い球が違っても、イケると思った球をスイングして打てるようになりました」と話す。その象徴的なシーンがユニバーシアード直前合宿であった。

JX—ENEOSとの練習試合で、楠本は初回にドラフト候補右腕・齋藤俊介の初球のチェンジアップを振り抜くと、打球はライトフェンスを超える先制3ランとなった。

これには視察に訪れた侍ジャパントップチームの新監督・稲葉篤紀氏も「楠本くんの対応力は素晴らしいですね」と賞賛した。

次なるステージでも大舞台でこそ積極果敢な打撃を見せて、チームを勝利に、優勝に導いていきたい。

文・写真=高木遊