立教大学 1-5 法政大学
勝:菅野 敗:田中誠

法政が中盤の集中打で立教に逆転勝ち、カードの初戦を制した。

1点を追う3回裏、法政は中山(履正社)のタイムリーで同点とすると、5回に相手の暴投で勝ち越し。その後中山の2打席連続タイムリーと毛利(愛工大名電)の2点タイムリーで5対1とし、試合の主導権を握る。

法政の先発・菅野(小高工)は2回に1点を失うも、その後は立教打線を寄せ付けず。最後まで投げ抜き3試合連続完投、今季リーグ単独トップとなる5勝目を挙げた。

敗れた立教は、7番・笠松(大阪桐蔭)が4試合ぶりの打点を挙げ先制するも、その後打線が沈黙。先発・田中誠(大阪桐蔭)も中盤連打を浴びて、開幕戦以来の勝ち星を挙げることができなかった。

法政は3連勝で勝率5割復帰。立教は今回の敗戦で優勝の可能性が消滅した。