村田雄大 (伸びしろ十分の未来の主砲 母校の誇りを胸に更なる進化を)

 16年夏、神奈川県大会で横浜高校は本塁打大会新記録を樹立した。その記録に大きく貢献した選手がいる。村田雄大(人1)だ。激戦区といわれる神奈川で個人最多タイとなる3本塁打を記録。村田の豪快なフルスイングがチームの甲子園出場への大きな後押しとなった。昨季はキャンプ中に肩を故障したものの、地道にトレーニングを重ねた。完全復帰となったフレッシュリーグ明大戦では主軸を担い、2安打と上々の神宮デビュー戦となった。

 185cm85kgという恵まれた体格を生かした豪快なスイング。長打力に注目が集まりがちだが内角や外角、高低への対応力も抜群だ。それに加えて今季は打撃力以外にも出塁についても意識があるという。「長打力を磨くことも勿論だがチームに貢献できる一本を放てるようになりたい」と村田は繰り返しそう語った。しかし、夏を終えた村田の表情は冴えなかった。「夏はここぞという場面で一本が打てなかった。だから安定感もなかった」と大学野球という新しい環境で自分のスタイルを模索している真っ只中なのかもしれない。横浜高校で主砲を務めたゆえのプレッシャー。これは本人がいちばん感じていることだろう。しかし、村田は母校への感謝の気持ちを忘れない。「伝統ある横浜高校で4番という大役を務めさせていただいたことは本当に貴重な経験だった」と自身の高校時代について尋ねると何度もそう述べた。「横浜高校の名に恥じぬ結果を出したい」。それが村田にとって、母校への恩返しなのかもしれない。

 『未完の大器』。今の村田にはこの言葉がいちばんよく似合うだろう。まだ完璧ではないかもしれない。それが、プロを目指す選択もあったが法大を選んだ理由の1つだ。村田にとって、今は試練の時かもしれない。苦境を越えたその先に、勝利への快音を響かせる日を、誰もが待っている。(梅原)