石川達也 (直球が魅力の豪腕 全ての経験生かし初のベンチ入りへ)

 「自分の武器は手元で浮き上がる直球です」と力強く語るのは、石川達也(キャ1)。出身校は横浜高校。昨年は藤平尚真(現楽天)とともに投手陣を引っ張り、甲子園出場を果たした期待のルーキー左腕だ。その期待に応えるように、昨季のフレッシュリーグは慶大、明大戦の2試合に登板。初先発となった慶大戦で見事初先発初勝利を飾った。しかし、本人に慢心は一切なかった。登板した2試合の打たれた場面をしっかり反省し、夏の練習のテーマにした。「明大戦で2ストライクと打者を追い込んだのに打たれてしまった。一球の制球の大事さを感じたので、夏のブルペンで投げ込んだ」と語るように一球にこだわってきた。オープン戦では、要所で制球された球が決まり、結果を残してきた。さらに埼玉西武二軍とのオープン戦では救援登板を果たした。「逃げずに思いきって、打者に向かっていけ」という真木(将樹)投手コーチの言葉を胸に、伸びのある直球でプロの打者と真っ向勝負。二死三塁のピンチを招いたが、西武の1番・鈴木将平の強烈なライナーを自ら好捕。無失点で切りぬけた。 「プロは甘い球を逃してくれないな」とプロのレベルの高さを肌で感じつつ自信をつけた。

 初めて神宮球場のグラウンドに立ったのは道具を持つ補助係をやったときだった。フレッシュリーグではあるが、神宮のマウンドも経験した。着々と成長する石川の次なる目標はリーグ戦のベンチ入りだ。上から腕を振り下ろすように投げる石川が、対戦したい投手は同級生の中川颯(立大)。石川とは対照的なサブマリン右腕だが、お互いに「浮き上がる直球」を持っている。「チームに勢いを与え、浮上させるきっかけとなる投球をしたい」と意気込んだ。首脳陣の信頼を勝ち取るために今日も左腕を全力で振る。(藤原陸人)