11奪三振完投で勝利に導いた齊藤大将(明治大)

ともに勝ち点2同士で迎え、優勝を占う上での大きな意味を持つ両校の対戦。その1回戦は、明大が今秋ドラフト候補に挙がる左腕・齊藤大将投手(4年・桐蔭学園)の力投により、立大に2対1で競り勝った。

 初回に両校とも打線を繋いで1点ずつを挙げるが、その後は齊藤と立大・田中誠也投手(2年・大阪桐蔭)の投げ合いが続いた。齊藤は三振を積み重ね、田中は打たせて取る投球で打線を抑えていった。

 ところが6回、明大先頭の2番打者・河野祐斗内野手(4年・鳴門)が追い込まれながらも、「田中のチェンジアップは見極められていたので」とストレートを狙いすまして振り抜いた打球はレフトスタンドに飛び込む勝ち越し本塁打となった。

決勝本塁打を放った河野祐斗(明治大)

 このリードを守りたい齊藤だったが、立大も粘りを見せて9回2死から3連打で満塁のチャンスを作った。それでも齊藤は立大の代打・江波戸龍星捕手(4年・成田国際)に粘られながらも、最後はインコースいっぱいに渾身のストレートを投げ込み、見逃し三振を奪い試合を締めた。先発全員から三振を奪う11奪三振の完投勝利でエースの存在感を見せつけた。

■立教大vs明治大1回戦
立教大 100000000=1
明治大 10000100X=2
【立】●田中(誠)—藤野
【明】○齊藤—橋本
本塁打:明治大・河野(6回ソロ)

◎明治大・善波達也監督
「齊藤中心に守りの野球をし、竹村春樹(4年・浦和学院)の好守など少しの差で上回ることができました。齊藤は球持ちも良くなり、遅い球も自在に操れるようになりましたね。最後の場面も満塁で粘られましたが、押し出しが頭によぎらないほどでした」

文・写真:高木遊