『第99回全国高校野球選手権大会』は8月13日に6日目が行われた。第2試合では下関国際(山口)と三本松(香川)が対戦。三本松が中盤にリードを奪い9-4で逃げ切った。

三本松は内野ゴロの間に初回1点を先制。二回には渡辺裕貴のソロ本塁打で加点する。四回にも犠牲フライと適時打で2点を加え引き離した。

下関国際も五回から4イニング連続の得点で追い上げるが、三本松は六回に渡辺の適時打で奪った5点目が決勝点になった。

この試合には「チーム数が少なくても香川は激戦区。そこを勝ち抜いてきただけはある」「下関国際も最後まで諦めず終盤でも「もしかしたら」と思わせるスイングがあった」「私が高校生のころ下関国際と言えばドラマや漫画に出てくるような不良校でした。そこから立て直してよくここまで来たなと思います」「次は二松学舎大付との対戦。勝つのは三本松か二本松か」などの声が寄せられている。

勝った三本松は大会10日目に二松学舎大付(東東京)と対戦する。