女子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、WTA1000)は13日、シングルス準々決勝が行われ、第9シードのO・ジャバー(チュニジア)が第4シードのM・サッカリ(ギリシャ)を1-6, 7-5, 6-1の逆転で下し、大会初のベスト4進出を決めた。
>>ジャバーらBNLイタリア国際 女子組合せ・結果<<
>>ジョコビッチvsルード 1ポイント速報<<
前週のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、WTA1000)でキャリア2勝目を飾り、自身初となるWTA1000のタイトルを獲得したジャバー。
今大会は初戦で世界ランク26位のS・シルステア(ルーマニア)を、2回戦では同41位のA・トムヤノヴィッツ(オーストラリア)を、3回戦では同40位のY・プチンセワ(カザフスタン)をそれぞれストレートで下し、8強入りを決めていた。
この日は、世界ランク4位のサッカリ相手に第2ゲームからブレークを許すと、その後も第6ゲームに2度目のブレークを奪われて第1セットを先行される。
続く第2セット、3つのブレークを許し、第7ゲーム終了時点で2-5と苦しい状況のジャバーだったが、終盤に5ゲームを連取。計4つのブレークを奪って1セットオールとする。
ファイナルセット、勢いに乗ったジャバーは2度のブレークに成功して、2時間の試合を制している。
女子テニス協会のWTAは試合後のジャバーのコメントを公式サイトに掲載。次のように熱戦を振り返っている。
「2-5の時、頭の中で『あの素晴らしい2・3週間を、こんな風に終わらせることはできない』と言い聞かせた。それが私の原動力となった」
「マリア(サッカリ)と対戦するのは簡単なことではない。最初は自分のリズムがつかめなかった。でも今までの経験を生かして、勝つことができたので本当にうれしい」
勝利したジャバーは準決勝で世界ランク23位のD・カサトキナと対戦する。カサトキナは準々決勝で対戦相手のJ・タイシュマン(スイス)が途中棄権をしたことで勝ち上がりが決まった。
同日には第1シードのI・シフィオンテク(ポーランド)と第3シードのA・サバレンカが4強へ駒を進め、準決勝で激突する。