パラリンピアン芦田創への独占インタビューVol.2

初めて出場したパラ競技大会で日本記録を出し、調子に乗って大スランプに陥った芦田。

この先どうするか考え込んだ時に気がついたのは、「障害を持ったことはラッキー、自分は幸せな道を歩んでいる」だった。

そして決意を新たにしたタイミングで恩師に出会い、「お前はパラアスリートかもしれないが、一流のアスリートじゃない」と言われた。

この言葉で芦田はアスリートとして覚醒する。

Vol.2では、スランプ中に遭遇した人生の岐路を語る。

 

芦田創(あしだ はじむ):パラリンピアンとして3つの日本記録を保持し、去年のリオ五輪では銅メダルを獲得した陸上選手。東京五輪でも期待の星と注目されている。