<明大・東大>2回無死、左越えソロを放った明大・山本(右)はチームメートとタッチ
Photo By スポーツニッポン

★東大投手陣も4回以降被安打0で光明
明治大vs東京大2回戦
明治大 049000000=13
東京大 000000000=0
【東】●小林、浜崎、柴田、川口、山下(大)—三鍋
【明】◯水野、高橋、石毛、三輪、庭田—氷見、西野、小野
本塁打:明治大・山本《2回ソロ》

 

 明大打線が試合序盤から爆発し、3回までに12安打13得点を挙げる大勝で東大に連勝し、勝ち点を獲得した
 明大打線の口火を切ったのはこれまで2年間出場機会の無かった山本恵汰外野手(3年・愛工大名電)の一発だった。
 2回の先頭打者として打席に立つと、左腕・小林大雅投手(2年・横浜翠嵐)が投じたインコースのスライダーをレフトスタンドに運ぶリーグ戦初本塁打。これで貴重な先制点を挙げた明大打線は、その後も東大投手陣に牙をむき、3回までに12安打13得点。序盤で一気に攻勢をかけて試合を決めた。
 投げては先発したドラフト候補右腕・水野匡貴投手(4年・静岡)が5回3安打無失点で試合を作ると、6回からは高橋裕也(3年・向上)、石毛力斗(1年・健大高崎)、三輪昂平(3年・日大三)、庭田草志投手(4年・松戸国際)と昨秋までリーグ戦登板の無かった4投手が被安打1で繋ぎ、明大が13対0で大勝。3季連続優勝に向けて、開幕戦でまず1つ目の勝ち点を獲得した。
 一方、連敗した東大だが、4回以降は投手陣が明大打線を無安打に抑えて次週以降への光明を感じさせた。

◎明治大・善波達也監督
「山本が口火を切ってくれましたし、3番の平塚大賀(3年・春日部共栄)も良かったですね。山本はここのところ、振ったところにボールが来るような感じでした(笑)6回以降に経験の少ない投手を投げさせることができたのも良かったです」

◎明治大・山本恵汰外野手(3年・愛工大名電)
「勝ち点を挙げることができ嬉しいです。(2年間出場機会は無かったが)チャンスを掴むためにコツコツとやろうと思い練習してきました。振れることが長所なので、これからもアピールしていきたいです」

文:高木遊