【スコア】
長野日大 2-3 市立長野

【得点者】
前半16分 1-0 川浦龍介(長野日大)
前半33分 1-1 木下武蔵(市立長野)
前半37分 2-1 笠原大靖(長野日大)
後半6分 2-2 木下武蔵(市立長野)
後半31分 2-3 木下武蔵(市立長野)

全国高校サッカー選手権大会・長野県大会決勝が6日に行われ、長野日大と市立長野が対戦した。

どちらが勝っても、初の全国切符獲得となる一戦。序盤は市立長野がポゼッションを高め、長野日大がカウンターからチャンスを伺った。

試合が動いたのは前半16分、フリーキックのこぼれ球を10番・川浦龍介が押し込み、長野日大が先制点を挙げる。

一方の市立長野は前半33分、木下武蔵が絶好のチャンスを迎えるとキーパーが飛び出てきたのを見計らい、ループシュートを選択。これが見事に決まり同点に追いついた。

ここから試合は互いに点を奪い合う展開に。前半37分、ゴール右手前でボールを受けた笠原大靖がターンで相手DFをかわし、右足でゴール。長野日大が再びリードを奪ったが後半6分、市立長野の木下がエリア内の混戦からボールを奪うとこの日2点目を決めて、試合は振り出しに戻った。

そして、勝負が決まったのは後半31分、木下が右からのクロスにワンタッチで合わせて冷静に流し込む。ハットトリックを達成し、チームはついに勝ち越しに成功した。

その後、残り10分も攻撃の手を緩めず、最後までアグレッシブなプレーを続けた市立長野が、初の選手権出場を決めた。