【スコア】
山梨学院 1-1(PK 5-3) 韮崎

【得点者】
延長後半3分 0-1 平井蒼吏(韮崎)
延長後半8分 1-1 茂木秀人イファイン(山梨学院)

【PK】

山梨学院|○|○|○|○|○
韮崎  |X|○|○|○|-

全国高校サッカー選手権大会・山梨県大会決勝が6日に行われ、山梨学院と韮崎が対戦した。

立ち上がり、前年度選手権王者に対し韮崎が果敢な攻撃でゴールに迫る。細かいパスワークからボールを保持し、攻撃の終着点では積極的にシュート。対する山梨学院も集中したディフェンスからチャンスを伺うと、ロングスローなども駆使し応戦。両チームともに集中したプレーを続け、緊迫したゲーム展開となる。その後、互いにゴールへ迫るも得点は生まれず、延長戦へ突入した。

延長後半3分、均衡を破ったのは韮崎だった。セットプレーからゴール前が混戦になると、平井蒼吏がヘディングで押し込み、待望の先制点を奪った。

しかし、試合はこのままでは終わらない。山梨学院はゴール前に人数を集め攻勢に出ると、茂木秀人イファインが執念で押し込み、試合を振り出しに戻した。

そして、勝負はPK戦に突入。先行の山梨学院は1人目が成功すると、続く後攻の韮崎1人目をGK山田海人がストップ。山梨学院が激闘を制し、「選手権連覇」への挑戦権を獲得した。