【スコア】
岡山学芸館 0-0(PK 5-3) 作陽

【得点者】
なし

【PK】
岡山学芸館 |○|○|○|○|○
作陽    |○|○|○|X|- 


全国高校サッカー選手権大会・岡山県大会決勝が6日に行われ、岡山学芸館と作陽が対戦した。

昨年と同じ顔ぶれとなった決勝戦。ポゼッションスタイルを主とする両チームは主導権をつかむべく、中盤で激しいボールの奪い合いを展開。試合序盤から試合強度とレベルの高いパスワークを披露し、激しい攻防戦が繰り広げられた。

両チーム無得点で前半を折り返すと、後半はオープンな展開に。疲労も濃くなりロングボールが増える中、岡山学芸館は山岡亮太を中心にとした攻撃相手を苦しめたが、得点には及ばず。対する作陽も決め手を欠いた。このまま延長戦でも互いに譲らず、スコアレスでPK戦へ。

両チーム3人目までをしっかりと決め、迎えた4人目。岡山学芸館GK寺島紳太朗が甘いコースに入ったボールをきっちり止めると、続く5人目の坂田陸が真ん中に沈め、勝負あり。岡山学芸館が2年ぶりの全国切符をつかんだ。