【スコア】
米子北 3-0 境

【得点者】
前半23分 1-0 木村愛斗(米子北)
後半3分 2-0 佐野航大(米子北)
後半17分 3-0 福田秀人(米子北)

全国高校サッカー選手権大会・鳥取県大会決勝が30日に行われ、米子北と境が対戦した。

決勝までの3試合で合計30得点と、攻撃陣が爆発している米子北。12年ぶりの王座奪還を狙う境がぶつかり合う注目の一戦。

試合が動いたのは前半22分、米子北が先手を取る。右サイド深くからキャプテンの鈴木慎之介が素早いアーリークロスを上げると、木村愛斗が頭で合わせ先制に成功。米子北は試合を通じて精度の高いボールを中央に入れ続け、境ディフェンス陣を苦しめた。

そして後半に入ると、すぐに追加点のチャンスが訪れた。バイタルエリアで巧みにボールを動かし、左サイドへ展開すると木村がアーリークロスを供給。一度はクリアされるも、こぼれ球を拾った佐野航大(J2ファジアーノ岡山内定)が左足一閃。貴重な2点目を奪った。

その後も米子北は攻撃の手を緩めることなく、後半分にダメ押しの3ゴール目を奪うと、この得点を守りきり勝利。鳥取県大会12連覇を達成し、選手権への切符を掴んだ。一方の境はGK前川春斗のビッグセーブなどで見せ場を作るも及ばず。王座奪還は来年へ持ち越しとなった。