三浦銀二(みうら・ぎんじ)
●守備 投手 ●身長・体重 175cm・84kg
●生年月日 1999年12月30日 ●所属 法政大
●球歴 福岡大大濠高→法政大 ●出身地 福岡県 ●投打 右右


運命のドラフト会議を超速報!今年はSportsBullでLIVE配信をお届けいたします。

 最速150キロのストレートと多彩な変化球のコンビネーションを武器に中学、高校、大学と多くの白星を積み重ねてきた。

 中学時代は福岡選抜の一員として全国KB野球大会秋季大会で4強入り。福岡大大濠高では、1年秋からベンチ入りすると2年秋からはエースに。3試合連続完封勝利などで九州大会優勝を果たすと、翌春のセンバツ甲子園では滋賀学園との延長再試合を連続完投で制すなど好投を続け4強入りに導いた。最後の夏は福岡大会決勝で敗れたが、清宮幸太郎(日本ハム)らと侍ジャパンU-18代表に選出され、先発として2試合に登板し2勝。3位入賞に欠かせない戦力だった。

 法政大でも1年春から登板を重ね秋には3勝1敗、防御率1.99の活躍で東京六大学リーグ優勝に大きく貢献。その後も2年秋まで先発や抑えとしてフル回転したが、昨年は春秋ともに未勝利に終わる苦しいシーズンとなった。

 それでも主将を任された今春に完全復活を果たす。開幕戦で後に日本一となる慶大の強力打線を無安打1失点という「ノーヒットワンラン」投球を見せて、いきなり期待に応える。加藤重雄監督が「絶好調ではない中でも三振を取れたり連打を許さない投球をしてくれました」と称えたように、序盤から終盤まで丁寧にコースを突いていく投球を見せた。8回こそ四球で出した走者を内野ゴロの間に返されてノーヒットノーランの大記録こそ逃したがチームにとっても三浦自身にとっても大きな1勝だった。

 これで勢いに乗った三浦は、勝利こそ5試合で2勝(2敗)に留まったものの、先発した5試合すべてで7イニング以上を投げて自責点3以内という安定した投球を見せ、防御率2.31の好成績を残した。

 投球術と球のキレ味がアマチュア球界屈指なのは間違いない。最後の秋はチームの新型コロナウイルスの集団感染によりリーグ戦への参加が遅れている。その巧みな投球術を再び神宮の舞台で見られる時が待ち遠しい。

文・写真=高木遊