2021/22UEFAチャンピオンズリーグ(CL)が、日本時間9月15日に開幕した。将来を担う若手選手も出場機会を狙っているし、すでに活躍している10代後半〜20代前半の選手もいる。東京五輪で活躍した2000年生まれの日本代表MF久保建英と同世代の選手でも、すでに欧州ビッグクラブで主力として活躍する選手もいる。今季のCLに出場するクラブで、久保建英と同世代の若手注目選手を紹介する。

■バイエルンで活躍する若手

 まずはバイエルン・ミュンヘンでプレーする20歳のアルフォンソ・デイビスと18歳のジャマル・ムシアラの2人だ。デイビスは今季のブンデスリーガにおいて、ここまで4試合に出場2アシストを記録。左サイドバックが主戦場の同選手だが、左サイドハーフでもプレー。非常にスピードのあるサイドの選手だ。

 現在18歳のムシアラは、昨年6月にバイエルンの史上最年少出場記録となる17歳115日でブンデスリーガデビューとなった。途中出場が多いものの、ここまでリーグ戦4試合出場2得点2アシストを記録。名門バイエルンで18歳ながら、その実力を遺憾なく発揮している。攻撃的なポジションを複数こなせることも魅力的で両ウィングのみならず、トップ下や左サイドハーフとしてもプレーできる。

 デイビスとムシアラは、15日のチャンピオンズリーグ開幕節のいきなりの注目カード、バルセロナ対バイエルンで、2人そろって先発。デイビスが左サイドバック、ムシアラは2列目の右サイドでプレーして、バルセロナ相手に3−0の勝利に貢献した。 

■ユーロでも活躍のMFとバルセロナの新背番号10

 バイエルンとグループリーグ初戦で激突し、苦杯をなめたバルセロナにも若い力はあふれている。バルセロナではユーロ(欧州選手権)2020で活躍したスペイン代表MFぺドリと同クラブで新背番号10をつけることになったアンス・ファティの2人が注目だろう。昨季もバルセロナで主力として活躍した18歳のぺドリはユーロを終え、そのまま東京五輪に参加。スペインの銀メダル獲得に貢献した。昨季からクラブと代表で大車輪の活躍となっているぺドリは、今季も中心選手としてプレーすることになるはずだ。

 リオネル・メッシが長年バルサで背負っていた背番号10を受け継いだのが同じく18歳の逸材FWアンス・ファティだ。怪我の影響でしばらくプレーしていないが、バルセロナの背番号10を背負い今季のプレーが期待される。左ウィングが主戦場になるファティだが、右ウィングやセンターフォワード、さらには両サイドハーフでもプレーできる。スピードを活かしたドリブルや抜け出しが持ち味のFWである。

■レアルに移籍した18歳の超逸材

 スタッド・レンヌからの移籍で今季からレアル・マドリードでプレーすることになった18歳の超逸材MFがエドゥアルド・カマビンガだ。9月12日に行われたラ・リーガ第4節のセルタ戦に途中出場しレアルデビューを果たすと、いきなりゴールを決め鮮烈デビューを飾った。すでにレンヌでCLの経験もあり、18歳ながら実力は十分。今季のCLでの活躍が期待できそうだ。長いリーチを活かした守備と攻撃センスでレアル主力の座を狙いたい。

■昨季CL優勝の立役者

 昨季のチェルシーのCL優勝の立役者と言っても過言ではないのがメイソン・マウントだ。まだ22歳の若手有望株はイングランド代表の主力として活躍。ユーロ決勝でイングランドはイタリア代表に敗れたものの、マウントは5試合に出場し1アシストを記録。

 今季もチェルシーでここまでリーグ戦3試合に出場1アシストを記録。まだ22歳ではあるが、存在感も発揮し堂々とプレーしている。これまで以上の活躍が期待できる注目の若手だ。

■ノルウェーの神童

 CLでも数々の記録を打ち立てているノルウェーの「神童」アーリング・ブラウト・ハーランドは外せない。19/20シーズンのCLではザルツブルクで開幕から5試合連続ゴールを含む8ゴールを記録。途中にドルトムントへ移籍となり、さらに2ゴールを記録しそのシーズンは10ゴールを記録した。ハーランドは昨季のCLでも活躍。6試合連続のゴールも決め、このシーズンも10ゴールを記録することになった。

 CLだけでなく、昨季のブンデスリーガでは28試合27ゴールを記録。バイエルン・ミュンヘンFWロベルト・レバンドフスキが最多得点記録を更新する驚異の41ゴールを記録したため、得点王には輝けなかったが、得点ランキング2位のゴール数だった。今季もリーグ戦4試合に出場し5ゴール。まさに規格外のFWだ。

 高さ、スピード、テクニックを兼ね備えた神童は、今季もゴールを量産することができるだろうか。

いま一番読まれている記事を読む