サッカーを見ていると、表面上の現象だけではなく、その根底を知りたくなる。根底を知ると、歴史を学びたくなる。サッカーを追い続けるサッカージャーナリスト・後藤健生は、深く日本サッカーの源流を追っていく。

 残念ながら、海軍兵学寮(海軍士官学校)でも、工部省工学寮(工部大学校)でも、英国人教師たちが去るとフットボールの伝統は廃れてしまった。その後は、体育教育の一環として学校でフットボールがプレーされるようになり、教師を養成する師範学校や旧制中学校でフットボールが盛んになっていった。

 そんな、20世紀の初めに起こったのが第1次世界大戦だった。

 当時、日本は南下してくるロシアに対抗するために英国と軍事同盟条約を結んでいた。世界大戦が起こると、日本はこの日英同盟を口実にドイツが中国山東省の青島(チンタオ)周辺に持っていた膠州湾租借地や南洋諸島を攻略。ドイツ兵多数を捕虜にした。

 日本政府は、日本が近代的な文明国であることを示すために、戦時国際法を順守してドイツ人捕虜を丁重に扱った。千葉県習志野や徳島県坂東など、各地に捕虜収容所が設けられた。そして、ドイツ人捕虜たちは地元の住民とも交流し、西洋音楽からパンの作り方まで様々な情報をもたらした。日本で初めてベートーベンの「第九」を演奏したのがドイツ人捕虜だったことも知られている。

 そして、収容所にはグラウンドが整備され、陸上競技や体操、サッカーなどのスポーツも行われ、地元の中学校のチームとも試合が行われた。

■広島のレベルを高めたドイツ人捕虜

 とくに有名なのは広島県似島(にのしま)の収容所である。

 捕虜チームは広島高等師範学校や広島県師範学校の学生たちと試合を行ったが、広島高師の主将だった田中敬幸はその後、毎週のように似島に渡ってドイツ人捕虜から技術や戦術を学んだという。これによって広島のサッカーのレベルが上がり、田中は広島一中の教師としてサッカーを指導。同校OBによる「鯉城クラブ」は1920年、21年の全日本選手権で同大会史上初の連覇を飾っている。

 当時のドイツのサッカーは、すでにスコットランドの影響を受けたパス・サッカーだったはずである。

 これも前回に触れたことだが、スコットランドのサッカーはドイツやオーストリア、ハンガリー、チェコなどに影響を与えていたのだ。

 第1次世界大戦をきっかけに、日本のサッカー界はチェコとも交流の機会を得た。

 チェコやスロバキアは第1次世界大戦前、オーストリア=ハンガリー帝国の支配下にあった。そのため、大戦が始まってオーストリアとロシアが戦争状態に入ると、チェコの軍人は祖国の独立のためにロシア軍の指揮下でオーストリアと戦うことになった。ところが、1917年にロシアで革命が起こり、革命政府はドイツやオーストリアと講和してしまうのだ。

 ロシアでは革命派と反革命派の間で内戦が始まる。チェコ軍団はサマラ(2018年ワールドカップの会場にもなった)などボルガ川沿いの街を根拠地に反革命側に立って戦っていたが、内戦は革命派の勝利に終わり、チェコの軍人たちは居場所を失ってしまう。そこで、彼らはシベリアを横断して、そこから船で北米に渡って、「チェコスロバキア」として独立した祖国に戻ることとなった。ところが、1919年の8月にその船の一部が台風で遭難して、船の修理を行うために約2か月間、神戸に滞在することになったのだ。そして、彼らは地元神戸の強豪校、神戸一中の生徒たちとサッカーの試合をしたのだ。

 当時の広島や神戸の学生たちには、そんな意識は毛頭もなかっただろうが、彼らはスコットランド源流のパス・サッカーという、世界最先端のサッカーと接触していたのである。

■インターハイ優勝の陰にビルマ人留学生あり

 チョウディンというビルマ(ミャンマー)人留学生が日本のサッカーを指導したという話はお聞きになったことがあるだろう。日本サッカー殿堂にも掲額されている、日本サッカー界の恩人の一人だ。

 チョウディンは東京高等工業学校(現、東京工業大学)紡織科の留学生だったが、同時に走り高跳びなどで鳴らしたスポーツマンでもあった。ある日、早稲田高等学院のグラウンドを借りて走り高跳びの練習をしている時に、早稲田のサッカー部が練習しているのを見かけて指導を買って出たのだという。チョウディンなど3名のビルマ人が指導した早稲田高等学院は第1回のインターハイ(旧制高等学校の大会)で優勝。チョウディンの名は全国的に有名になった。

 ビルマ(ミャンマー)は英国植民地だったインドの一部で、同じく英国領だった香港と並んでアジア大陸のサッカー先進国だったのだ。彼らの目から見たら、日本人学生のサッカーはあまりにも初歩的なものだったのだろう。

■すべての源はスコットランドにあり

 1923年9月には関東大震災があって、東京高等工業学校の校舎は全壊してしまって、学校は休校になってしまった。そこで、チョウディンはこの時間を利用して全国で巡回コーチを始めたのだ。

 チョウディンの科学的なコーチングで日本のサッカーのレベルは飛躍的に向上した。

 チョウディンは『How to Play Association Football』という指導書も出版したのだが、その「緒言」には「ア式蹴球は蘇格蘭(スコットランド)に三百年程以前に起源を有す」とある。当時、ビルマ行政府の英国人公務員や駐留英国軍の軍人にはスコットランド出身者が多く、チョウディンがサッカーの指導を受けたのもスコットランド人だったからだ。

 つまり、チョウディンが日本人学生に教えたのはスコットランド流のショートパスをつなぐサッカーだったのだ。チョウディンの全国巡回コーチの旅に同行した直弟子の竹腰重丸(たけのこししげまる)は、その後、日本代表選手として活躍し、さらに代表監督や協会理事長として1960年代の初めまで日本のサッカーを指導し続けた。

 現在も、日本のサッカーはパス・サッカーを武器に世界と戦っているのだが、日本がパス・サッカーを身に着けたのは、日本のサッカーがその黎明期からパス・サッカーの本場、スコットランドや同国の影響を受けたドイツ、チェコ、ビルマなどと交流があったからなのである。

 つまり、日本のパス・サッカーには100年を越す長い歴史があるのだ。「日本のサッカーには独自のスタイルがない」などと軽々に言うことはできないと思うのだが……。

いま一番読まれている記事を読む