eスポーツタイトル

「PUBGモバイル」にハマるノブコブ吉村

「ハマりすぎると仕事に支障をきたすから」とゲームから離れていた平成ノブシコブシの吉村崇。ところが現在は、ライブ配信プラットフォーム「Mildom(ミルダム)」で「吉村新人のPUBってハニー」という番組を毎週配信するなど、どっぷりゲームにハマッている。

 彼がプレーしているeスポーツタイトルは『PUBG MOBILE(PUBGモバイル)』。これは最大100人のプレーヤーが島に降り立ち、最後の1人、もしくは1チームになるまで戦うスマートフォン向けバトルロイヤルゲームだ。今年に入って、NTTドコモが主催する賞金総額3億円のプロリーグ「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON1」がスタートし、大きな話題となっている。

 なぜ吉村はゲームにハマッたのか――。「仕事ではなく、とにかく本作が好きでやっている」と熱をもって語る吉村と、芸人の間で「PUBGモバイル博士」と呼ばれている芸人トリオ「怪獣」の竹内健人に、タイトルの魅力について話を聞いた。

――お二人は番組でもご一緒にプレーされていますよね。

吉村 普段からよく一緒にプレーしています。竹内くんは朝まで配信するくらいやり込んでいて、知識量がすごいんですよ。今後ブレイクすると睨んでいる逸材です。

竹内 芸人の中でもかなり詳しいと思います。

吉村 わからないことを聞いたら何でも答えてくれるので、僕らは博士と呼んでいます。例えば各武器の飛距離や威力なんかも詳しいので、「この武器とあの武器、どっちが強い?」って質問にもわかりやすく答えてくれます。

――吉村さんのゲーム内ランクはどのくらいなのでしょうか。

吉村 うわーどれくらいだろうな。ダイヤ(※)くらい......?

※8段階あるランクのうち、上から4番目。

竹内 吉村さんはランクのことをまったく気にしていなくて、説明しても聞いてくれないんですよ(笑)。とにかく戦いたいタイプですね。

吉村 ランクの仕組みもわかっていないし、試合が終わったときに「ランクが保護されました」ってドカーンと出るんですけど、何のことかさっぱり......。唯一人生をかけて取ったのは、「万人斬り」っていう称号ですね。頭おかしくなるかと思いました。

竹内 PUBGモバイルには称号(業績)システムがあって、一定の条件を達成するといろいろな称号をもらえるんですよ。

 説明すると、このゲームには異名というシステムがあるんです。「万人斬り」もその異名の一つ。アサルトライフルで2000キル、スナイパーライフルで1000キル、近接武器で200キルと、いろんな武器で膨大な量のキルを取らないと、「万人斬り」にはいけないんですよ。

吉村 これだけはこだわってプレーして、先日、ようやく取れました!

――相当なやり込み具合ですね。元々ゲームはやり込んでしまうタイプなんですか。

吉村 小さい頃はゲームにハマりがちで、他のことが手につかなくなるくらいでした。芸人になってからも仕事がない時はよくプレーしていましたが、睡眠時間を削るくらいハマッてしまうので、仕事に支障が出ないように封印したんですよ。10年弱くらいずっとゲームには触っていなかったんですが、PUBGモバイルはハマッてしまいましたね。

竹内 そういえば、どういう経緯でPUBGモバイルに触れたんですか。

吉村 (渡辺)直美とか(インパルス)板倉さんから「PUBGモバイル、面白いよ」と誘われたんですよ。

竹内 PUBGモバイルって今までゲームをやってこなかった人も急にハマっちゃいますよね。

吉村 設定がリアルだから、大人がハマりやすいんですよ。特にミリタリー系というか、サバゲーとかが好きな人たちにはたまらないと思います。

 あと、「なかなか子供に勝てない」のもいいのかな。僕は今40歳ですけど、10代の子に知識や社会的立場、収入とかで負けることってほとんどないじゃないですか。でもゲームだと完敗なんですよ。

 僕らが小さい頃は、ゲームはほとんど子供だけのものだったじゃないですか。大人と戦う機会は少なくて、「大人の負け」を見たことがなかった。でも今は、大人も普通に負けるんですよ。eスポーツって世代間の壁をぶち破っているなって思いますね。

――負けて悔しいけど、「今の若い子もやるな」という感情ですか。

吉村 そうですね。でも、自分の頭の中では10~20代くらいの感覚なんですよ。そのまま40歳になっちゃったんで、もう同世代に負けたって悔しさに近いですね。正直、こんな辛いゲームないですよ。100人のうち、1人か1チームしか勝てないわけじゃないですか。ほぼ毎試合キルされるんですよ。何回辞めようと思ったことか......。

――でも諦めなかったのはなぜですか。

吉村 人間にとっては、程よい挫折感が必要なんだと思います。挫折して、またトライする。程よい敗北感が続いているときに、ふと勝てることがある。勝った時は程よいどころか、めちゃめちゃ気持ちいいんですよ(笑)。

――勝ちの感覚が忘れられなくて、戦場に戻ってきてしまうということですか。

竹内 あと、課金システムの平等さですね。ゲームに課金しても衣装を変えられるだけで、強くなれるわけじゃない。試合は課金勢も非課金勢も関係ないんです。


芸人トリオ

「怪獣」の竹内。PUBGモバイルの腕前はかなりのもの

――スキン(衣装やキャラの見た目)には課金されているんですか。

吉村 はい。見た目で個性を出すためにも、気に入ったスキンを手に入れています。チームを組むときに、チームメイトと衣装を揃えるっていう戦術もあるんですよ。

竹内 敵からすると、1人倒しても同じ格好の人が出てくるので「あれ、まだ生きてる?」って思うんですよね。マップの色合いによって、目立ちにくい色の服を選ぶこともあります。

吉村 雪が多いマップだったら白い服を着るとかね。さらにうまい人は、「他のチームはこういう服を着そう」というところまで読んで、敵プレーヤーと被りそうな服をあえて着て、戦闘時に相手を混乱させるとか、服を選ぶ時点から戦いは始まっています。僕は毎回同じで、皇帝みたいな服を着て竜の彫り物があるランドセル背負っています。

――お二方をはじめ、ゲーム配信をされている芸人さんが増えてきましたよね。やはりゲーム配信と芸人さんの相性はいいのでしょうか。

吉村 それはあると思います。ゲームスキルでは他の配信者さんには及ばないかもしれませんが、ポップに解説できるのは芸人の強みですよね。

――ゲーマーになればなるほど、下手なところを見せたくないと思ってしまいそうですが。

竹内 芸人は下手なのもネタにできますからね。

吉村 大人数でのトークにも慣れていますし、うまい人、ダメな人の両方を立てられる。そのあたりのバランス感覚は芸人が特化している部分だし、芸人が輝ける舞台だと思いますよ。

――ちなみに、お仕事以外でプレーすることはあるんでしょうか。

吉村 最初は芸人仲間とだけでしたけど、どんどんフレンドの幅が広がっていきましたね。竹内さんに紹介してもらった静岡の10代の子とか。

竹内 静岡の山奥に住んでいる子ですね。一緒に戦っていたら銃声が聞こえたので敵の場所を探していたら、「これリアルの音です」って言われて。近くで猟友会のおじさんがイノシシ猟をしていたそうです。

吉村 そういう出会いもあるわけですよ。しかもその子のほうがうまいから、指示出しもしてくれて頼りになる。声とユーザーネームしか知らないのにですよ。

竹内 スマホだとボイスチャットが使いやすいですしね。コンソール機やPCではヘッドセットとかをつける必要があって、ボイスチャットのハードルが高かったんです。でも今はスマホ一台あれば大丈夫ですから。いろんな出会いがあります。

――フレンドの方々は吉村さんや竹内さんだと知っているんですか。

吉村 向こうも段々わかってくるんですよ。安藤なつさんもPUBGモバイルをやってるんですけど、名前は出していないんですよ。ソロでやってると「ナンパされる」って言ってました。でも、芸人とわかったからって特別扱いされるわけじゃなくて、1人のフレンドとして接してくれるんです。年齢、性別問わず平等に遊べる、それがオンラインでやるゲームの魅力ですね。

【Profile】
吉村崇(よしむら・たかし)
1980年7月9日生まれ、北海道出身。2000年に徳井健太と「平成ノブシコブシ」を結成。芸人として第1回「笑いの万博 即戦力王決定戦」優勝など実績を重ね、数多くのテレビ番組に出演する一方で、ボーイレスク集団「Butterfly Tokyo」プレゼンターや映画、ドラマ、舞台等、幅広いジャンルで活動する。
Twitter >>
Instagram >>
Mildom >>

竹内健人(たけうち・けんと)
1980年8月8日生まれ、愛知県出身。2015年にすーなか、坂口真弓と芸人トリオ「怪獣」を結成。芸人以外にもドラマ、舞台、司会業などでも活躍する。現在、YouTubeにてPUBGモバイルを中心にゲーム配信サイトMildom(ミルダム)にて生配信。
Twitter >>
YouTube >>
Mildom >>