[文:レジャーゴルフのサイト【Caddy(キャディ)】]

 今回は、「ラウンド中に突然球が曲り出した時の対策」について説明していきます。

前日の練習でもバッチリ、ラウンド前半も快調。

なのに突然何かのタイミングで全てが崩れる。

「何で曲がるの?」
「何で感触が悪いの?」
「何で何で?」

ゴルフではそうした状況がよくあります。そんな時パニックを起こさず対処できる方法を今回紹介します。

もの凄くシンプルで簡単なのでぜひ活用して下さい!

・今すぐ読みたい→
ゴルフスイングの勘違い~起き上がり~ https://cocokara-next.com/fitness/misunderstanding-golf-swing-05/

ラウンド中に突然調子が悪くなる事はよくある


上記でも説明したように、ラウンド中の突然の不調はよくある話なんです。

熟練したシングルプレーヤーならいくつもの引き出しから、その緊急事態に対応できますが、そこまで腕の無い人は一転してパニくります。

「ここまで絶好調だったのに何で?焦ってはいけない…けど、何か変えないとこのまま終わる!とりあえずスイングを変えてみよう」

これが通常の判断だと思います。スイングだけで対応できないと、

1.じゃ球の位置を変えて見よう
2.ティーの高さを変えよう
3.グリップを短く握ろう

色々試し、そして混乱します。

そうなるとアイアンやドライバーだけでなく、パターの距離感なども合わなくなる。

なぜなら頭の中は、「何で何で?」状態だから、いつも気にしているポイントを無視してしまう。

単なる球の曲がりから、全てを台無しにしてしまう人を僕も何人か見て来ました。これは自分のスイングに自信を持っていたり、繊細な人に起こりやすいですね。

どうしても原因を解明したいんです。原因不明が許せない。

ここで言いたい事は1つ。

突然の球の曲がりが発生した時は、スイングはイジらない方が良い。

スイングを変えたり球の位置を変えたりはおすすめできない理由

繰り返しますが、ラウンド中にスイングを変える事はおすすめできません。

経験上、付け焼き刃な戦法ではドロ沼にハマるだけです。

熟練者ならどこが悪いか見付け、それに沿った修整でプレーするでしょう。しかし原因も分からずに、球筋だけをヒントにスイングをイジってもどうにもなりません。

球の位置やスイングは変えず、何とか球筋を安定させましょう。

調整方法はフェースを閉じるか開くかだけ

ではどんな調整なのか?勿体ぶってますが、方法は至ってシンプルです。

フェースを開くか閉じるかだけ。他は何もイジりません。

これは僕だけが試している方法ではなく、とあるゴルフレッスン本でも紹介していました。

調子が良い時はフェースを開いて、
調子の悪い時はフェースを閉じる。

たったこれだけです。

これをヒントに、僕はラウンド前の練習で自分の状態を確認するようになりました。そこから「自分の現状に合わせたフェース管理」を意識しました。

結果は良好。簡単なだけに当時100も切れなかった僕にもすぐ実行できました。

ではフェースの開く開かないはどんな状況で判断すれば良いのか?

以下で詳しく説明します。

1.フェースを開く場合(オープンフェース)

フェースを開くのは、球が左に左に行く時です。

つまりフック傾向のミスが多発した時ですね。

チーピンなどのミスが続く場合、おそらくインパクトでクラブが被って入っているんですよね。なのでフェースの向き通り左に巻いた球が出てしまう。

なのでフェースを開く事で右に行く要素を増やす訳です。そうやって中和され、球は左に流れなくなります。

ただ左に行く度合いによって、フェースの開き具合は変えましょう。

2.フェースを閉じる場合(クローズフェース)

今度は逆にフェースを閉じる場合です。

これはスライスばかり出てしまう時に有効です。

スライスが出るという事はおそらくインパクトでフェースが右を向いている可能性が高い。それは手首の切り返しが遅いのか、体が開いているのか理由は不明ですが、とにかくフェースが開いている。

なので、その分フェースを閉じたクローズ状態の方が真っすぐな状態でインパクトできる可能性が高い。

突然球が捕まらなくなった時、スライスばかり出るようになった時は、フェースを閉じてアドレスしてみましょう。

まとめ・ラウンド中はスイングは変えずにフェースの開閉だけで調整しよう

という事でまとめます。

ラウンド中に突然球が曲がり出した時の対処法。それはスイングでも球の位置を変えるでもなく、「フェースの開閉で対応しよう」です。

この対処方法は確かに付け焼き刃ではありますが、それでも効果は絶大です。

球が曲がり出すのには色々な理由があります。

1.体の疲れ
2.スイングの変化
3.メンタルの変化
4.下半身のズレ

本当に色々あります。むしろ全ての要素が重なり出たのかも知れません。

理由はどうあれ、曲がり出したなら対処するしかありません。

フェースの開閉はどんな状況でも、「ある程度」対応できます。

ラウンド中でもパニックにならず、スイングはそのままフェースのみで対応して見て下さい。

[文:レジャーゴルフのサイト【Caddy(キャディ)】]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません

・今すぐ読みたい→
【動画あり】やみくもな筋トレは逆効果!ゴルフがもっと上手になる自宅での筋トレ6選 https://cocokara-next.com/fitness/golf_workout/