岡副麻希・新春インタビュー プライベート編

「2020年は自分をリセットする時間になった」と振り返るフリーアナウンサーの岡副麻希さん。コロナ禍の影響で仕事がストップした時期は、これまで興味があったもののなかなかチャレンジできなかったことに取り組んできたという。日々のトレーニングや食生活にも変化があったという彼女に、2020年を振り返ってもらい、新年の抱負を聞きた。



2021年の抱負を語った岡副麻希さん

 2020年はコロナ禍の外出自粛などで時間があったので、自分をリセットする機会になりました。休みの間、テレビ番組でリポーターをしているスーパーGTについて勉強し、レースに対してさらに興味を深めることができました。

 それから、これまで手を出していなかった分野にも挑戦してみました。韓流ドラマをじっくり見てみたら、すっかりハマってしまいましたね。また、YouTubeチャンネルやTikTokにもチャレンジしてみました。

 機械が苦手なので、動画のコンテンツ作りにはすごく苦労しています。自分のペースで進めていきたいので、撮影と編集は基本的に自分ひとりでやっているのですが、慣れない作業の中で撮影したデータが全部消えてしまったことも......。心が折れました(笑)。でも、今まで知らなかった世界の知識がいろいろ吸収できているので、意味はあったのかなと感じています。

 仕事では新たにeスポーツの取材もしました。世界的に高い人気のシューティングゲーム『レインボーシックス シージ』に参加する選手たちに話を聞いたり、実際にゲームを体験したのですが、とても面白かったです。

 5対5のチーム形式で戦うのですが、選手たちは椅子に座って、じっと映像を見ながらプレーするので目や腰がすごく疲れますし、さらに高い集中力を保ち続けなければなりません。体を動かすスポーツと同じくチームプレーや戦術、相手との心理戦などがあって、プレーヤーは常に神経を尖らせていなければなりません。過酷な競技だと感じましたが、戦いの中に熱いドラマがあります。まさに新しいスポーツだと感じました。



ピラティスに挑戦したいと語る岡副さん

 プライベートでは、昨年の春頃からHIIT(高強度インターバルトレーニング)と呼ばれる筋トレに取り組んでいました。強い負荷の筋トレを短い時間でするインターバルトレーニングなのですが、どうも私には合わなかったみたいです。HIITは自分をギリギリまで追い込まないと効果がないのですが、私はそこまで追い込むことができませんでした(苦笑)。

 子どもの頃からずっと水泳をしていましたが、瞬発力が必要な短距離は苦手。逆に一定の速度で泳ぎ続けるのは得意でした。瞬発系のトレーニングになると、身体がうまく動いてくれないんです。HIITをしていると、すごく筋肉がついてしまいました。そのため、私がイメージする体にはならないと思って、すっぱりやめました!

 私の場合、体幹を鍛えるストレッチのような運動が合っているようです。「毎日、何分トレーニングをする」と決めてしまうとストレスになってしまうので、寝る前だったり、テレビを見ながらだったり、気が向いた時にストレッチをしています。

 180度開脚をして、左右に体を揺らすだけでも意外と体幹を使うので温まります。開脚したまま、胸を床にペタっとつけられますよ。クラシックバレエや新体操などをしていたわけではないのですが、身体はすごく柔らかいんです。

 最近は食事にもかなり気をつけています。若い頃はめっちゃ偏食で、好きなものだけを食べていて、とにかくお菓子が大好き。夏は毎日のようにアイスクリームを食べて、食事はお菓子とコーラということもありましたね(笑)。でも、最近はいろんなものをバランスよく食べるように心がけていて、特に野菜のオイル蒸し、お味噌汁にハマっています。

 食生活に関しては、もうひとつ変わったことがあります。これまではパンが好きだったのですが、お米も食べるようになりました。毎食ではありませんが、お米を食べるようになってから体調がすっきりして、肌の調子もよくなってきたように感じます。寒い時期は、体が温まる具材が入ったお味噌汁とお米という食事がお気に入り。やっぱり日本人にはお米が合っているのかなとあらためて感じています。

 2021年、コロナ禍で世の中がどうなっていくのかわかりませんが、変わっていく日々の中でもなるべく笑って、穏やかに過ごしたいと思っています。簡単なことではないかもしれませんが、考え過ぎたら滅入ってしまう気がするので。生活の中で小さいことでもいいので楽しみを見つけながら、日々を過ごしていければいいなって思っています。

 やってみたいスポーツはピラティス。ゆっくり動くエクササイズなので、自分に合っていると思っています。あと自然が大好きなので、パワースポット巡りを再開させたいです。コロナ禍以前には、大阪の実家に帰ったら母と近くの滝などのパワースポットに必ず行っていたんです。自然の中でマイナスイオンを思いっきり浴びたり、気軽に温泉に入れたり、そんな日常が早く戻ってきてほしいと思っています。

 仕事では、スーパーGTのリポーターを2年間やらせていただき、モータースポーツの面白さや奥深さがわかってきました。国内最高峰のスーパーフォーミュラはスーパーGTにも参戦する選手がたくさん出場しているので、現場で取材をしてみたいですね。あと2021年のスポーツイベントで気になるのは甲子園と東京オリンピック・パラリンピック。ぜひ開催してほしいと願っていますし、取材に携わることができればうれしいです。

【profile】 
岡副麻希 おかぞえ・まき 
フリーアナウンサー。1992年7月29日、大阪府生まれ。早稲田大在学中より、テレビ番組のキャスターなどとして活動をスタート。現在は、テレビ番組『SUPER GT+』(テレビ東京系列)のほか、『岡副麻希のほくほくみゅ〜じっく』(文化放送)などに出演。特技は水泳、ピアノ。趣味はストレッチ。
---
かんだゆうこ●ヘア&メイク hair&make-up by Kanda Yuko 
田名部敦士●スタイリング styling by Tanabe Atsushi