野球ファンは、東都大学野球を「戦国」と表現する。各校の実力が拮抗しており、大学球界トップレベルともいえるからだ。
2020年秋季リーグは、亜細亜大学の8季ぶり26度目の優勝で幕を閉じた。

"胴上げ投手"に輝いた巨人のドラフト1位・平内龍太は最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインを獲得し、"巨人ドラフト1位"を証明する形となった。
最終戦でも9回に登板し、ストレート9球中7球が150キロ超えを計測するなど打者三人を完璧に封じ込めた。

"魂の12球"を全部見せます。

東都大学野球秋季リーグ戦(1部リーグ全試合)をスポーツブル内の特設ページ(https://sportsbull.jp/live/tohto/)で無料ライブ配信!