引退した黒田の後継者として、競合覚悟で創価大・田中を1位指名する可能性が高かった広島。
予想通り田中を指名するもののら抽選で田中を外し、外れ1位指名の桜美林大・佐々木も外し、外れ外れ1位にて慶応義塾大・加藤の交渉権を獲得。
2位以下も投手を中心に計6名を指名。
1位の加藤は、7試合に登板し1勝3敗であったが、デビュー戦で鮮烈な印象を残した。
2位の高橋、4位の坂倉は、ファーム日本選手権で躍動するなど将来性に期待できるドラフトであった。

ドラフト結果は以下の通り。

× 1位:田中 正義投手(創価大)

× 外れ1位:佐々木 千隼投手(桜美林大)

○ 外れ外れ1位:加藤 拓也投手(慶応義塾大)

2位:高橋 昂也投手(花咲徳栄高)

3位:床田 寛樹投手(中部学院大)

4位:坂倉 将吾捕手(日大三高)

5位:アドゥワ 誠投手(松山聖陵高)

6位:長井 良太投手(つくば秀英)