”スターは甲子園から生まれる”という哲学に基づき甲子園優勝投手、作新・今井を1位指名することが濃厚だった西武。
予想通り今井を1位にて指名し、単独で交渉権を獲得。
2位以下も即戦力となる投手と野手をバランスよく6名を指名した。
3位源田は期待以上の活躍で新人王候補に躍り出た。

ドラフト結果は以下の通り。

1位:今井達也投手(作新学院大高)

2位:中塚 駿太投手(白鴎大)

3位:源田 壮亮内野手(トヨタ自動車)

4位:鈴木 将平外野手(静岡高)

5位:平井 克典投手(Honda鈴鹿)

6位:田村 伊知郎投手(立教大)