履正社・寺島、創価大・田中どちらかを指名する可能性が高かったソフトバンク。
田中を1位指名し、5球団競合の末交渉権を獲得。
2位以下は育成を含めて計9名全員高校生を指名と育成力の高いソフトバンクらしいドラフトとなった。
競合の末入団した1位田中は、層の厚い投手陣の壁を破れず1軍デビューはならなかった。

ドラフト結果は以下の通り。

○ 1位:田中 正義投手(創価大)

2位:古谷 優人投手(江陵高)

3位:九鬼 隆平捕手(秀岳館高)

4位:三森 大貴内野手(青森山田高)

育成1位:大本 将吾外野手(帝京五高)

育成2位:長谷川 宙輝投手(聖徳学園高)

育成3位:田城 飛翔外野手(八戸学院光星高)

育成4位:森山 孔介内野手(藤沢翔陵高)

育成5位:清水 陸哉外野手(京都国際高)

育成6位:松本 龍憲内野手(崇徳高)