高校NO.1左腕、履正社・寺島を一本釣りする可能性が高いと言われていた東京ヤクルト。
結果として履正社・寺島を一本釣りにて指名権獲得成功した。
補強ポイントである投手を中心に計7名指名。
1位の寺島は、シーズン終盤の9月30日の中日戦で初の1軍マウンドを先発で経験。
2位の星は、18試合に先発し4勝をあげた。

ドラフト結果は以下の通り。

1位:寺島 成輝投手(履正社高)

2位:星 知弥投手(明治大)

3位:梅野 雄吾投手(九産大九産高)

4位:中尾 輝投手(名古屋経済大)

5位:古賀 優大捕手(明徳義塾高)

6位:菊沢 竜佑投手(相双リテック)

育成1位:大村 孟捕手(石川ミリオンスターズ)