9回を投げて1安打完封、今季のチーム初完投初完封

■ソフトバンク 4-0 西武(1日・PayPayドーム)
 
 ソフトバンクは1日、本拠地PayPayドームで行われた西武戦に4-0で快勝した。先発の石川柊太投手は6回途中まで西武打線をノーヒットに封じる好投。西武打線をわずか1安打に封じて9回まで投げ切り、自身初完投初完封を飾った。

 初回に栗原が3ランを放って援護を貰うと、石川が圧巻の投球を見せた。序盤から西武打線をねじ伏せ、初回2死からは4者連続奪三振。6回2死からスパンジェンバーグに右前安打を浴びてノーヒットノーランの快挙は逃したものの、許した安打はこれだけ。9回まで1人で投げ抜いて1安打13奪三振でプロ初完投で初完封を飾った。今季のチーム初完投初完封にもなった。
 
 人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の大ファン「モノノフ」としても知られる石川。百田夏菜子さんの誕生日でライブ配信のあった7月12日の楽天戦で快投を見せた。そして、この日も17時半から『ももクロ夏のバカ騒ぎ2020【ライブ前日】MomocloManiaで予習SP』が予定されている。これにキッチリと間に合わせるかのように、試合時間は2時間21分の省エネ投球だった。(Full-Count編集部)