30日、浦和競馬場で行われたツインダッシュ特別(3歳・ダ1400m)は、大外枠から先頭集団に取り付いた本田正重騎手騎乗の5番人気スパークジョイ(牝3、美浦・古賀史生厩舎)が、直線で1番人気アマネラクーン(牡3、浦和・小久保智厩舎)との一騎打ちから抜け出し、最後はこれに1.1/2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分29秒4(重)。

 3馬身差の3着には8番人気コスモオーブ(牡3、美浦・高橋祥泰厩舎)が入った。2番人気ネオデレヤ(牡3、美浦・小西一男厩舎)は5着、3番人気センノベステス(牡3、美浦・南田美知厩舎)は8着だった。

 スパークジョイは父クロフネ、母ジェニーソング、その父Rahyという血統で、半兄に2009年札幌2歳S優勝馬のサンディエゴシチーがいる。これまで8戦して2着が最高だったが、ダートグレード競走を除き4月から取り止めとなっていたJRA交流競走のここで初勝利となった。

 なお、本日は浦和(武士沢友治騎手が騎乗)と金沢(鮫島克駿騎手が騎乗)でJRA交流競走が行われる。