自身のアートアカウントで驚きのアニメーション公開「ユヅルの4回転サルコウ」

 フィギュアスケートのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が意外な才能を発揮し、話題を呼んでいる。自身のアートを投稿するインスタグラムのアカウント「medoart2020」で、羽生結弦(ANA)が4回転サルコウを跳ぶアニメーションを制作。あまりの完成度に対し、海外ファンから「美しい!! 凄い才能だ」「素敵なアニメ!」「これは凄い!」と驚きの声が上がっている。

 メドベージェワがマルチな才能を披露した。「medoart2020」のアカウントで投稿したのは1本のアニメーション。黒髪の男子選手が後ろ向きに滑りながら踏み切ると、右足で綺麗に着氷。黒のみで描かれたイラストがコマ送りのようにして進み、最後は両手を広げてバランスを取った。その姿はどことなく誰かに似ている。

 投稿では「ユヅル・ハニュウ、4回転サルコウのアニメーション」と説明。「1時間半をかけた作品」と説明を添えており、たった90分で制作させたという。羽生の特徴を捉えたイラストはもちろんのこと、それを連続で描いてジャンプのアニメーションに仕上げたセンスも際立っている。意外な才能に対して、ファンも驚きを隠せない。

 コメント欄には「美しい!! 凄い才能だ」「素敵なアニメ! 彼の4回転サルコウは本当に華麗」「大会での2人の姿を待ちきれない」「他のスケーターのアニメも作って」「あらゆる才能に恵まれた人が世の中にはいるけど……これは凄い!」「どうかしているってくらい格好いい」「マルチな才能の女王」「その調子。ユヅルのルッツも、ループも欲しいよ」と絶賛が相次いだ。

 メドベージェワは今月4日にこのアカウントを開設。浅田真央さん、宮原知子らのイラストも公開するなど高い芸術性を発揮し、母国のロシアメディアでも取り上げられるなど、話題を呼んでいた。(THE ANSWER編集部)