スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―フィギュア界男女エースの超豪華2ショット

 新型コロナウイルスの感染拡大は収束の兆しを見せ、緊急事態宣言も全面解除された。それでも、多くのスポーツイベントが再開するまで、しばらく時間がかかる。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回はフィギュアスケートで話題を呼んだ超豪華な1枚だ。昨年11月のGPシリーズNHK杯で準Vの紀平梨花がSNSで、男子シングルで優勝した羽生結弦(ANA)とのバンケットでの2ショットを公開すると、「これが見たかった」などと反響が集まった。

 日本の男女のエースが同じフレームに収まった。黒のドレス姿でピースを作る紀平の隣で微笑みを浮かべるのは、黒のスーツにエンジのネクタイの羽生だった。首を紀平の方に傾け、胸の前でピースサインを作っている。

 日本の男女エースの豪華な2ショット。フォーマルに決めた姿も貴重だ。紀平の投稿にファンからは「モー最高です。ゆづりか!これが見たかった」などと歓喜の反響が書き込まれていたが、ロシアメディア「sports.ru」フィギュア版公式インスタグラムもリポスト。海外ファンも歓喜の声を上げている。

「とても綺麗!」
「クール!」
「王様とお姫様」
「なんてハンサムなんだ」
「グレイト&ビューティフル、大好きです!」

 フィギュア大国ロシアでも人気の高い2人。2020-21年シーズンでもこんなシーンが見られることをファンは待ち望んでいる。(THE ANSWER編集部)