新型コロナウイルス感染拡大の影響で、東京五輪が予定から1年後の2021年に延期される見通しとなった。すでに日本代表の半数以上が内定していたが、出場選手については、内定の取り消し、選考方法の見直しといったケースも競技によっては検討されるだろう。

 1年たてば、選手の力関係が変わってくる。伸び盛りの若手に対し、五輪を集大成と考えていたベテラン選手にとっては逆風になる。

 

 追い風となるのは、バドミントンの桃田賢斗(25)だ。男子シングルス世界ランキング1位の日本のエースは、今年1月のマレーシア遠征で交通事故にあい、顔面を裂傷して全身打撲を負った。帰国後には「シャトルが二重に見える」と精密検査を受けたところ、右目眼窩底骨折が判明し、手術も受けた。2月末から練習を再開したが、実戦勘を取り戻すには相応の時間がかかる。補うための予定出場試合も新型ウイルスナの影響で大会中止が相次ぎ、桃田に襲いかかる負の連鎖に関係者から嘆きの声が上がるほどだった。1年リハビリに専念できれば、金メダルの期待が高まる。

 ケガや不調に苦しむ選手にとっては、プラスになる。競泳では、16年リオ五輪男子400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介(25)が絶不調。モチベーションの低下による休養を経て復帰したが、状態は上がらず、五輪切符をかけた4月の全日本選手権も不安視されていた。体操ではリオ五輪男子団体金メダルの白井健三(23)が、左足首や左肩に故障を抱えて本調子ではない。実績のある選手には、延期が「恵みの1年」となり、コンディションを整え、万全の状態で五輪に臨める可能性も出てくる。

・今すぐ読みたい→
新型コロナ「ドライブスルー検査なぜやらない?」にお門違い反論で赤っ恥・・・厚労省の迷走 https://cocokara-next.com/topic/drive-through-inspection/

 

 競泳女子で東京五輪のメダル候補だった池江璃花子(19)は昨年2月に白血病を公表し、過酷な闘病生活を経て12月に退院。24年パリ五輪出場を目指し、今年3月からプールでのトレーニングを再開したことをSNSで報告した。ただ筋力の衰えを本人も自覚しており、あきらめざるをえなかった東京五輪が1年延期されても、本格復帰にはもう少し時間がかかりそうだ。

 五輪には、人生をかけて挑む選手がいる。出場内定していた選手が泣かされるケースも否定できない。新型ウイルスの世界的な広がりは誰も予測できなかった特殊ケースとはいえ、「延期1年」の意味は、あまりにも大きい。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
新型コロナ「ドライブスルー検査なぜやらない?」にお門違い反論で赤っ恥・・・厚労省の迷走 https://cocokara-next.com/topic/drive-through-inspection/