3月2日、ブロードメディア株式会社は、eスポーツコネクト株式会社が運営するプロeスポーツチーム「CYCLOPS athlete gaming(以下サイクロプス)」を、新たに設立したブロードメディアeスポーツ株式会社へ譲り受けたことを発表した。

サイクロプスは、美人格闘ゲーマーたぬかな選手をはじめ、FIFAタイトルでは黒豆選手、ウイニングイレブンシリーズではあると選手(※その後、3月6日脱退を発表)が所属する、大阪観光局公式サイトにも紹介される大阪を代表するプロeスポーツチーム。

また、チームが所有するOsaka esports basement.というスペースを一般にも公開。所属選手とも対戦ができる対戦会などを積極的に行い、大阪のeスポーツ界を牽引してきた。

今後は競技活動と環境面のさらなる充実をはかり、プロプレーヤーの育成・支援を通し、世界のeスポーツシーンで活躍できる人材を輩出していくことを目的にするとのこと。

サイクロプスという世界で通用する強豪チームの育成を軸に、急速に発展している国内eスポーツ市場において、教育事業をはじめブロードメディアの既存事業であるクラウドゲームや配信技術とのシナジーを創出するなど、日本のeスポーツが世界を牽引する存在となるよう、積極的にeスポーツ関連事業への参画を目指す。

■ブロードメディアeスポーツ株式会社 会社概要

会社名ブロードメディアeスポーツ株式会社
所在地東京都港区赤坂8-4-14
代表取締役橋本 太郎
設立年月日2020年2月18日
株主ブロードメディア株式会社(100%)
URLhttps://www.broadmediaesports.co.jp/

■サイクロプス チーム概要

CYCLOPS athlete gaming(サイクロプス・アスリート・ゲーミング)は、大阪を活動拠点とするプロeスポーツチーム。2016年9月のチーム設立以来、国内外の数々の大会やイベントで実績を重ね、着実な成長、拡大を続けている。

格闘ゲーム部門においては『ストリートファイターV』国際大会2連覇や、世界最大規模の対戦格闘ゲームトーナメント「EVO 2019」ドラゴンボールファイターズ部門優勝など世界を舞台に活躍している。昨年開催された「PUBG JAPAN SERIES WINTER INVITATIONAL 2019」には、視聴者人気投票上位チームとして出場。

また、「レインボーシックス シージ」部門では国内のプロリーグで1位となり世界大会への出場経験も有する等、全ての部門で高い結果を残しeスポーツ業界全体の発展に大きく寄与している。

CYCLOPS athlete gaming: http://cyclops-osaka.jp/

(文●fanatic wilkinson’s)
(編集●VAMOLA eFootball News編集部)