Never give up! 
日本フィギュアスケート2019-2020総集編(5)

 カナダのモントリオールで開催予定だった世界フィギュアスケート選手権が、新型コロナウイルスの影響で中止になり、2019-2020シーズンが終了。今季も氷上で熱戦を繰り広げた日本人スケーターたちの活躍を振り返る。

 昨シーズンはケガの影響もあり、不完全燃焼だった樋口新葉。今季はその悔しさを糧に大きな一歩を踏み出した。



全日本選手権の表彰式で笑顔を見せた樋口新葉

「どうしても頑張りたい、と思って練習してきました」

 2019年12月、全日本選手権で2位になった樋口新葉(19歳)は、そう言って口元に力を込めた。気骨を感じさせるフリースケーティングだった。演技後、彼女は奮然と歯を食いしばり、ふたつの拳を握り、力こぶを作り、全身で喜びを表現した。

「2年間、表彰台に上がれず、悔しい思いをしてきました。世界選手権に行けず、ケガもあって。シーズン最初から全日本に照準を合わせてきて、よく頑張ることができたな、と思います」

そう語った樋口は、練習を積んでいたトリプルアクセルこそ回避したものの、後半の3回転フリップの着氷が乱れた以外、すべてのジャンプを成功させた。疾風を感じさせるような滑りで、勇ましさすら感じさせ、体全体で発する躍動感があった。シーズン最高スコア更新で138.51点を叩き出し、ショートプログラム(SP)の4位から2位へ躍進。世界選手権出場の切符を手にした。

「試合に自信を持って臨めるだけの練習をしてきました」

 取材エリアで答える樋口は、堂々とした様子だった。逆転で表彰台を勝ち取った高揚もあっただろう。しかしそれ以上に、競技者の献身と矜持があふれ出ていた。

 ジュニア時代、樋口は破竹の勢いだった。同年代には敵なし。14-15シーズンには、中学2年生にして全日本で3位。2004年の浅田真央以来の快挙だった。そして15-16シーズンには、中学3年生で全日本2位を勝ち取っている。

 16-17シーズンには、シニア1年目でジュニアからの進撃を続ける。フランス杯で3位、NHK杯では4位で、全日本は2位、世界選手権にも出場した。そして17-18シーズン、グランプリファイナルに出場し、全日本では足首のケガもあって振るわず、4位で平昌五輪出場を逃したものの、捲土重来、世界選手権では2位になった。

しかし、そこで流れが変わる。

 18-19シーズンは、たびたびケガに見舞われ、動きが鈍くなり、ジャンプも回転不足を取られるようになった。シニア転向後、成長期による女性特有の体形変化や体質もあって、体重コントロールに苦しんでいたのだ。

「自分で体を管理できるようになった」

 岡島功治コーチは、今シーズンの樋口の変化を全日本後に説明している。

「本人なりに(体を)絞ってきて。ジャンプも調子は上がってきていました。今回はいけるかな、というのはありましたね。プログラムを最後までやり通すことができていたので。(体重管理に関しては)タッチしていないです。『痩せろ』というのは、本人が嫌だと思うので、言っていません。普段の練習の中で、自分で管理できるように。大人になったと思います」

 甘い物や炭水化物を抜く食事療法だったという。好物の白いご飯を口にせず、夜の厳しいトレーニングもやり抜いた。体が軽くなったことで、ジャンプも飛びやすく、終盤まで体力が続くようになった。さらに言えば、慢性的になっていたケガもしなくなったという。トレーニングを増やしながらの体重管理だったことで、自然と筋量が上がり、感覚も研ぎ澄まされていた。



力強い滑りを取り戻した樋口新葉

 たとえば全日本のフリー後半、予定していた3連続ジャンプが単発になっても、直後の3回転ルッツから3連続ジャンプを入れている。苦しい時間帯、リカバリーができたのは、コンディションのよさの証左だろう。その機転と胆力は、彼女の才能だ。

「不安もありましたが、結果を出せたことで自信になりました」

 そう語った樋口の視線は、すでに先に向かっていた。

 2020年2月、四大陸選手権ではSPで72.95点、フリーで134.51点、合計207.46点と、自己ベストを更新した。そして全日本で封印したトリプルアクセルを跳び、回り切って認定を受けている。惜しくも転倒し、スコアは伸びなかったが、大きな一歩だ。

「今シーズン、1本はトリプルアクセルを入れたい」

 そう公言してきた樋口は、目標を実現した。反撃に向けて準備は万端だ。

“強いワカバ”が帰ってくる。

【2019-2020シーズン主な成績】
■ロンバルディア杯(164.37/8位)
■スケートアメリカ(181.32/6位)
■フランス杯(174.12/6位)
■全日本選手権(206.61/2位)
■四大陸選手権(207.46/4位)