日本サッカー協会(JFA)は、3月8日の「女子サッカーデー」に際し、ロゴを制作し、2020年の同スローガンを「世界 でいちばんフェアな国になろう」と10日、決定したという。

 JFAは、なでしこvisionに掲げる「サッカーを女性の身近なスポーツに」「女性が輝く社会の実現」を目指し、3月8日の国際女性デーに合わせて、この日を「女子サッカーデー」とすることを決め、女子サッカーデー元年となる2020年は、このロゴとスローガンのもと、3月8日前後の期間に全国各地で女子サッカーの普及・ 発展に関わる取り組みを展開するという。

ロゴは、国際女性デーに愛と幸福の象徴であるミモザの花を贈る海外の習慣に着想を得て、ミモザの花をデザイン化。3月8日を、サッカー に関わる全ての女性が輝く日にしたいという思いから、女性たちがしなやかに、軽やかに活躍する姿を、ミモザの花をイメージしたドッ ト(水玉)で表現した。

2月中旬から、東京・御茶ノ水のJFAハウス・サッカー通りにおいて「女子サッカーデー」のロゴ、バナー・フラッグが掲出される予定だ。女子サッカー元年、なでしこジャパンの後押しに加え、心強いサポートが女子サッカーの2020年に春を応援する。

文/スポーツブル編集部