勝利のために戦い続ける選手がいる。
その舞台がフィールドなら、それを支えるスタッフたちの舞台はどこか…
支えることを選んだ者たちのドキュメンタリー。
「ANOTHER HERO」


さながら格闘技のように力と力がぶつかり合うアメリカンフットボール。
しかし、その激しさの裏では、緻密な頭脳戦が繰り広げられる。

そもそもアメリカンフットボールには
「オフェンスチーム」「ディフェンスチーム」「スペシャルチーム」
「スタッフチーム」と、役割の異なる4つユニットが存在する。

足が速い、体が大きい、キックが上手い…など、
各々の武器を持ったスペシャリストが
ポジションごとにまとまっている。いわば究極のチームスポーツなのだ。

「ANOTHER HERO」ではその中でも、「スタッフチーム」の中から
チームの運営全体に携わるMGR(マネージャー)にスポットを当てた。

法政ORANGE MGR 佐藤寛子(4年)

選手たちが練習・試合に万全な状態でのぞめるのは、
影で支えるスタッフたちの存在があるから。
そのスタッフたちをひとつにまとめ、
チームの大黒柱となるのが彼女。

4年間という限られた時間の中で、タフな時を刻む大学生たち。
彼女は何を思い、アメリカンフットボールと向き合うのか。
何が彼女を突き動かすのか。
密着することで見えてきたものとは…

■法政ORANGE
1935年創部。現在、関東学生アメリカンフットボール連盟1部リーグ「TOP8」に在籍。“自由と進歩”を理念に掲げ、生徒たちの主体性を尊重したチームを目指す。

■MGR(マネージャー)
選手への水出しから、他校との交流、予算管理、試合のスケジュールなど、チームの全体的な運営に関わる学生スタッフ。