26日、冬季インターハイにおける3競技が終了し、以下の結果が到着している。

___

スピード(明治北海道十勝オーバル)

男子団体追い抜き

白樺学園(北海道)3分52秒67=高校新

山形中央(山形)3分56秒28

八戸西(青森)4分12秒08

2000メートルリレー

池田(北海道)2分25秒69

女子団体追い抜き

山形中央(山形=小坂、福田、真野)3分12秒89=大会新

郡山商(福島)3分25秒85

2000メートルリレー 

山形中央(山形=古川、高橋、真野、小坂)2分43秒46

フィギュア(帯広の森SC)

女子決勝

吉岡詩果(千葉・植草学園大付)175.60点(ショートプログラム64.02、フリー111.58)

アイスホッケー(帯広の森アイスアリーナ)

決勝 白樺学園(北海道)3-0 駒大苫小牧(北海道) 白樺学園は2年ぶり6度目の優勝

北海道・明治北海道十勝オーバルなどを舞台に行われた「第69回全国高校スケート、アイスホッケー選手権最終日(26日)」では、スピード女子の山形中央が団体追い抜きで4連覇、2000メートルリレーも制し、団体種目2冠を達成した。男子団体追い抜きでは白樺学園(北海道)が4連覇。山形中央が2位に入賞している。

2020年のインターハイ冬季大会は合計4競技が予定されており、来月2月3日から5日間に渡って開催されるスキー競技は、舞台を新潟県に移し、真冬の熱戦が繰り広げられる。


赤倉観光リゾートスキー場ではアルペンとクロスカントリーが行われ、ジャンプは妙高高原赤倉シャンツェで、そしてノルディック コンバインドは、妙高高原赤倉シャンツェで行われ、高校生スキーヤーナンバーワンの称号を争う。

無料アプリ「スポーツブル」では、2020年も冬季インターハイと高校スポーツを全力で応援する。

また、スポーツブル内の「インターハイ」ページからは(先日行われたライブ配信の他)アーカイブ動画配信、結果配信を行う3競技(スピードスケート、フィギュアスケート、アイスホッケー)と、結果配信のみ行う1競技(スキー)があり、インハイ情報がスマホやPCでチェック可能だ。

高校生アスリートの夢舞台は、真冬にもやって来る。2020年の冬季インターハイ、高校生スキーヤーの熱戦にも注目しよう。

文/スポーツブル編集部