生涯チャレンジ――。年齢を重ねても、情熱は尽きない。雨の日も風の日もグラウンドに顔を出し、寮に戻っても子どもたちと同じ時間をすごす。遠征があれば、行動を共にした。孫ほども歳は離れているが、関係ない。サッカーを通じ、人を育てる。74歳を迎えた長崎総合科学大学附属高校の小嶺忠敏監督が、今年も高校サッカー選手権の舞台に挑む。



長崎総科大附を率いる、小嶺忠敏監督

 島原商高や国見高で一時代を築いた小嶺監督が、長崎総科大附高に関わり始めたのは今から12年前の2007年11月。V・ファーレン長崎で理事長の責務を全うする傍、大学の教授を努めていた縁で、無名だったサッカー部の総監督に着任した。そこからチームは、2012年に冬の選手権に初出場。

 そして、2015年9月に部の強化を図るべく、監督の座に就いた。監督を務めるのは国見高以来、じつに16年ぶり。だが、当時の小嶺監督は長く留まる考えではなく、就任当初は1年間の条件付きでオファーを快諾していた。それでも、周りの声に推され、前言を翻すことになる。

「学校や保護者などが、いい意味で少し厳しくして、リーダーシップを取ることを求めてくれた。僕は70歳ぐらいなのでやる気はなかったけど、『長年の経験を踏まえ、指導者がどうあるべきかを見せて欲しい』と言われたんです。なので、1年間だけやりましょうと。だけど、周りの人からもう少しやってくれと頼まれたんですよ」

 そこから本気の改革がスタートする。「本当はゆっくりしたいけど、やるからには本気でやらないといけない」(小嶺監督)。今まで以上の熱量でチームと向き合った。就任当初はサッカー部の活動は整備されておらず、練習環境はお世辞にも恵まれていたとは言い難い。それでも、選手を受け入れる土壌をつくるために奔走。形骸化していた朝練習も見直し、自らが先頭に立って指導に携わった。自らも選手と一緒に寮へ住み込んで、子どもたちに愛情を注いだ。進学を検討している生徒がいれば、自ら足を運んで言葉を交わした。

 気がつけば、長崎県を代表するチームに成長し、県外からも選手が集まってくるようになった。だが、いわゆる”サッカーエリート”と呼ばれるような選手はひとりもいない。サッカーの能力が高くても、性格に一癖ある。あるいはプレーの平均値は高くないけど、一芸に秀でた選手。そんな彼らを鍛え上げ、多くの選手を育ててきた。

 選手権は今年で4年連続7回目の出場となる。一昨年はベスト8、昨年はベスト16に進出。Jリーガーも輩出し、世代別代表に名を連ねる選手も出てきた。一昨年の安藤瑞季はセレッソ大阪、昨年の鈴木冬一が湘南ベルマーレへ加入。蒔いた種は確実に芽吹きつつある。

 選手たちに愛情を持って接してきた小嶺監督。指導歴51年で培った引き出しを適切なタイミングで開けながら、子どもたちと向き合ってきた。ただ、昔のように厳しく指導するだけではない。時には自ら笑いを取りに行くことも多くなった。選手たちにとっては、抱いていたイメージとかなり違ったようで、2年生GKの梶原駿哉はこう振り返る。

「小学生の時から国見高時代の話を聞いていて、『監督は何かあったらすぐに走らせる。俺の比じゃない』と当時のコーチなどに言われていたので、厳しい指導のイメージがありました。なので、本音を言えば、長崎総科大附から誘いの話をもらった時は、あまり小嶺先生に会いたくなかったんです。でも、中学生の時に小嶺先生がわざわざ自分の地元である大分まで来てくれて、実際にしゃべってみたら全然違ったので驚きました」

 小嶺監督も「今は飴が7割ぐらい」と言って笑みを浮かべる。では、なぜこれほどまでに変わったのだろうか。理由は今の子どもたちにある。小嶺監督が年を重ねたことで”丸く”なったのもあるが、現代の子どもたちが、以前のようなメンタルの強さを持ち合わせていないことに起因する。

「国見や島原商の時は、選手たちが自分たちで感じ取りながら(行動)できていた。でも、今はそうした判断をできる選手が少ない。なぜかと言うと、家庭環境などが変わってきて豊かになったから。(子どもたちは)何でも言いたい放題、好き放題で、一歩家を出ればコンビニがある。何でも手に入って満足ができるので、自分たちが逆境になった時の力が発揮されるまでが遅いんです」

 そうなると、昔と同じように指導をしていても選手は伸びない。常に選手たちの気質を見ながら、それぞれにあった指導を行なう必要がある。


名将に鍛えられた

「いまどき」の子どもたちが、全国の舞台に挑む

「時代にマッチしたモノを探さないといけない。たとえば、今の子どもたちは長嶋茂雄さんや釜本邦茂さんの現役時代を知らない。釜本さんがすごいシュートを打っていたと話しても、今の子は『何?』という感じになってしまう。なので、今の選手たちに伝わる事例を言わないといけない」

 もちろん、自立している選手もいるが、その割合は確実に減っている。だからこそ、小嶺監督は常に選手の動きをつぶさに見ているのだ。

 とくに今年は、例年以上に苦労したという。「国見時代を含めてもいちばん厳しい世代」だったため、チームづくりは難航した。9連覇を逃した県新人戦とインターハイ予選はベスト8で敗退。苦戦を強いられた理由は単純に実力不足もあったのだが、メンタルの弱さが成長の足枷となった。ただ、そこで匙を投げていては全国への挑戦権は勝ち取れない。

「今年は60回ぐらい鼻をへし折った。なので、ある程度は頑張れる子どもたちになって、1年間取り組んできたなかで走れるようにもなったと思う」

 小嶺監督は選手たちに寄り添い、膝を突き合わせた。毎週火曜日のフィジカルトレーニングでは、何かにつけて回避しようとしていた選手を根気強く指導。

「火曜日に走りの練習をすると決めていても、その当日に病院に行きますと言う子どもたちが多かったんです。わざとかはわからないけど、だから走りの日にちを変更したこともあった」

 一方で厳しい練習だけで選手たちが伸びないのもわかっていたため、今年は走りの量を減らして、ボールを使うメニューを増やしたという。

 酷評されてきたチームも、徐々に変化を見せる。夏以降はキャプテンのMF高武大也(3年)とエースのFW千葉翼(3年)を中心にまとまり、選手権予選ではタフなゲームを制して勝ち上がった。決勝ではかつて自身が率いた国見を撃破。春先から手を焼いた世代を一から鍛え、4年連続の全国舞台に挑む権利を勝ち取った。

 昭和、平成で日本一を勝ち取った小嶺監督が挑む令和最初の選手権。伝統のマンツーマンディフェンスや多様なシステムで相手の特徴を消すスタイルは継承しつつも、選手たちと柔軟な姿勢で向き合ってきた。古きよきものは残しながら、変化を恐れない。その意味を誰よりも知る名伯楽の挑戦はまだ終わらない。