写真:平野美宇(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

<LIONカップ第24回卓球ジャパントップ12 SENDAI(兼2020世界卓球日本代表最終選考会) 2019年12月21日~12月22日>

21日、LIONカップ第24回卓球ジャパントップ12(兼2020世界卓球日本代表最終選考会)の女子シングルス決勝が行われた。平野美宇が早田ひな(ともに日本生命)との日本女子卓球黄金世代対決を制し、2020年世界卓球選手権釜山大会(団体戦)の代表に内定した。

平野美宇vs早田ひな 黄金世代対決




写真:平野美宇(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

平野と早田は同じ2000年生まれの19歳。伊藤美誠(スターツ)とともに卓球黄金世代と呼ばれ、日本女子卓球の人気を牽引している。

両者は直近11月のオーストリアオープンで対決があり、その際は早田が4-0のストレートで平野を下している。世界ランクこそ平野11位、早田24位と少し差はあるが、実力自体は拮抗している。




写真:早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

今回の試合は、1ゲーム目を平野が得意の速攻で奪うが、早田もパワーを活かし2ゲーム目を取り返す。勝負の分かれ目となったのは、3ゲーム目。平野は、追いすがる早田を打点の早い攻めで突き放し、ゲームカウント2-1とリードを奪う。ゲームを連取して勢いに乗りたかった早田だったが、平野は主導権を譲らない。




写真:平野美宇(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

4ゲーム目も2本連続チキータでレシーブエースを奪うなど、平野が速攻で得点を重ね、早田の持ち味であるパワーを活かしたラリーに持ち込ませない。

5ゲーム目こそ早田が平野のレシーブの待ちを上手く外し1ゲームを返すも、注目の黄金世代対決は、ゲームカウント4-2で平野に軍配が上がった。東京五輪シングルス枠を逃した平野だったが、今回の結果、2020年世界卓球釜山大会の代表権を獲得した。

詳細スコア




写真:早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

〇平野美宇 4-2 早田ひな
11-7/6-11/11-7/11-7/6-11/11-4

文:ラリーズ編集部