バンクーバーオリンピックで見事7位に入賞した元フィギュアスケート選手の織田信成。引退後は大学の監督としてフィギュアスケートに関わってきたが、2019年秋に濱田美栄コーチからのモラハラについて言及し、世間からの注目を集めたのはまだ記憶に新しい。しかし、実はモラハラをしていたのは織田信成本人ではないか?との声が。

今回はこの織田信成のモラハラ問題について解説していく。

・今すぐ読みたい→
元フィギュアスケート・中野友加里さんの「サードキャリア」~引退、テレビ局就職、結婚・出産、再び氷上の世界へ~(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukarinakano-third-career/)

織田信成が濱田美栄コーチにモラハラを訴える

織田信成は引退後、生徒の指導を行う監督業に就任したのだが、濱田美栄コーチから陰口や無視などの陰湿な嫌がらせを受け、実質的に監督業が不可能になったと訴えた。自身のブログでもその詳細が書かれており、その相手が濱田美栄コーチであることについても明確に記載していた。

織田信成は濱田美栄コーチから受けたモラハラが原因で体調不良になり、1週間の入院もしたとのこと。この問題に拳を上げる形で、1100万円の慰謝料を求め、濱田美栄コーチを提訴したのである。

濱田美栄コーチを支持する人も少なくない

 

濱田美栄コーチはというと、トップアスリートを次々と世に送り出している実績あるベテランコーチだ。

海外からの支持も厚く、これだけ有名になると評判の良し悪しが分かれるのは無理もない。

実際に生徒への指導は厳しく、これだけハラスメント問題がピックアップされる現代では、少々浮いた印象をも抱かれていたであろう。

しかし、彼女の指導に賛同する生徒や保護者も多く、今回のモラハラ問題については疑問の声もあがっている。

織田信成は子供たちにモラハラをしていたという訴えが出てきた

被害者として声を上げ続けている織田信成だが、織田信成の教え子だった保護者から「モラハラを受けたのは自分たち」という内容の告発があったそう。成績が思うように伸びない生徒に対して「価値がない選手」と言ったり、挨拶のできない生徒の保護者に向かって「親として失格」と言ったりしたという内容だ。

もちろん織田信成にしてみれば、それが生徒への激高であり愛情表現の1つだったのかもしれない。

ネットでは「なにこの訴訟合戦」「ちゃんと言った信成は強いし偉いよ」と擁護する声もあれば、「空気読めない織田信成の独り相撲って感じ」という厳しい意見もあった。

今後どのような展開を見せるのか、見守っていきたい。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
元フィギュアスケート・中野友加里さんの「サードキャリア」~引退、テレビ局就職、結婚・出産、再び氷上の世界へ~(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukarinakano-third-career/)