2020年春、栃木県を舞台に熱走する自転車レース「第4回ツール・ド・とちぎ」が開催決定!

「ツール・ド・とちぎ」とは、栃木県全域を舞台に県内全市町を走破する全国に先駆けた UCI (国際自転車競技連合)公認のサイクルロードレース。

 本州では実現不可能 と言われたラインレースを成功させたこの大会は、これまで約22万人のオーディエンスに見守られ、イベント会場、沿道などで熱い声援を送るツール・ド・とちぎファンは大会を重ねるごとに増加中だ。

大会の特徴は、3つ。

1つめは、公道を使用するレースであること。

公道を使用したラインレースを含む本格的な国際自転車レースとして、第1~2回大会で県内全市町を走破し、第3~4回大会でさらに県内全市町の魅力あるコースを走破するのだ。

2つめは、栃木県内のプロチームが参戦すること。

栃木県のサイクルロードレースのプロチームである宇都宮ブリッツェン、那須ブラーゼンも参戦している。

3つめは、栃木県の特色。

地域の住民や地元経済界、県や市町など、“オールとちぎ”で連携・協力することで大会が開催されており、とちぎの地方創生に繋げる大会を目指している。

2020年3月20日から3日間に渡って開催される第4回大会では、前回大会に引き続き「個人タイムトライアル」「周回レース」「ラインレース」といった3つの異なるレースを実施。選手やオーディエンスが一体となって、栃木の街並みと共にロードレースの魅力を幅広く体感できる。

スポーツブル では、大会特設ページで第1ステージから第3ステージの模様を無料ライブ配信予定。白熱のレースをスマホやPCで目撃できる。

前回大会と合わせて、県内全市町2周目となる今大会。国内外で活躍するライダーがあなたの街を疾走する姿を是非とも観戦して欲しい。

文/スポーツブル 編集部

___

2020.3/20〜23開催「第4回ツール・ド・とちぎ」無料ライブ配信ページは、こちら(←クリックするとライブ配信ページへジャンプします)

大会概要

主催:特別非営利活動法人ツール・ド・とちぎの会

主管:ツール・ド・とちぎ実行委員会

競技主管:公益財団法人日本自転車競技連盟、栃木県自転車競技連盟

公認:UCI(国際自転車競技連盟)