写真:琉球アスティーダのロゴ/提供:琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社

Tリーグ・琉球アスティーダを運営する琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社は、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、2019年12⽉7⽇(⼟)より募集による投資申込みの受付を開始することを発表した。




写真:琉球によるクラウドファンディング/提供:琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社

「⽇本のスポーツビジネスを変える。プロスポーツチーム⽀援の新しい形を創る」




写真:クラウドファンディングイメージ/提供:琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社

プロジェクトとクラウドファンディング実施⽬的について

卓球スクール事業、物販ショップ・スポーツバルの運営に成功している琉球アスティーダ。今回は国内初となるプロスポーツチームの上場により、ファン株主を中⼼としたチーム運営、また地域に根ざした循環系のチーム運営の仕組みを創り、⽇本における新たなスポーツビジネスのあり⽅の創出を⽬指す。

2019年11⽉28⽇より株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOにおいて、募集案内の事前開⽰を開始し、資⾦調達により資本⼒の充実を図り、事業の成⻑に繋げる。

琉球アスティーダは「レジャーとしての卓球」と「スポーツとしての卓球」を、沖縄県内、そして全国に幅広く展開していくことで、卓球⼈⼝の裾野の拡⼤および、琉球アスティーダの認知度拡⼤を目指していく。




写真:クラウドファンディングリターンイメージ/提供:琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社

文:ラリーズ編集部