今回の近畿地区大会で男子優勝に導いた澁谷竜矢監督率いる相生学院高等学校の主将の森下皓太(もりしたこうた)選手とS1の金田諒大(かねだりょうた)選手にインタビューを行った。

●主将 森下皓太さん

Q:優勝の原動力は何でしたか?

「昨年の全国選抜団体戦優勝をされた先輩方の、優勝を目指して戦う姿や努力されていた姿を見て、自分達も負けていられないという思いが原動力になりました。伝統を受け継いで頑張りました」

Q:チームのキャッチフレーズ(目指していること)を教えてください。

「円陣の最初の言葉でもある"行くぞ頂点"という言葉です。私達が目指している目標です。テニスの舞台でもその他の舞台でも1番になる事を目指して取り組んでいます。アベック優勝2連覇達成したいです」

●S1 金田諒大さん

Q:S1の選手として一番得意なショット・プレースタイルは何ですか?

「リターンとストローク」

Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?

「自分から率先して声を出してチームを盛り上げ、自分自身が勝利する事によってチームの雰囲気を良い方向に持っていけるようにしたい」

相生学院高等学校の皆様、アベック優勝2連覇達成目指して頑張れ!

全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代

※写真は相生学院高等学校の皆さん(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)