今年度が初開催となったeサッカーの国別対抗戦、「FIFA eNations Cup(以下、eNC)」が来年度も5月22日(金)~24日(日)に国際サッカー連盟(以下、FIFA)の主催にて実施されることが決定した。

同大会はeスポーツの世界大会であり、ゲームタイトルにはエレクトロニック・アーツ社の『FIFA 20』が使用され、地域予選を勝ち抜いた24カ国が出場する。日本サッカー協会(以下、JFA)は、FIFAから地域予選への参加依頼を受け、eサッカー日本代表を選出の上、選手を派遣することを決定した。

これで、リアルサッカーと同様にJFA公認のeサッカー日本代表が誕生することとなる。リアルサッカーにおいても、2022 FIFAワールドカップ(カタール)出場を目指したアジア予選が実施され、サッカー日本代表の奮闘に胸を熱くする日本人は少なくない。

FIFA eNations Cupは、まさにeサッカー界のワールドカップであり、今後eスポーツへの認知と理解がさらに深まれば、リアルサッカー同様の熱量で多くの日本人から応援されることになるだろう。

以下、概要やスケジュールなどを見ていくこととする。(トップ画像:2018 FIFAワールドカップ 日本vsベルギー戦)

■スケジュール

2020年3月までにeサッカー日本代表選手選出を決定
2020年4月eNC オンライン地域予選にeサッカー日本代表選手が参加
2020年5月22日~24日 eサッカー日本代表選手派遣
※ただし、予選を勝ち抜いた場合のみ。開催国は現時点で未定。

■eサッカー日本代表の選出方法

FIFA国内上位選手による対戦を実施。eサッカー日本代表選手を決定する。

但し、16歳以上で日本国籍を有し、過去に他国のe代表に選出されたことがないことを条件とする。
選出人数:3名(選手 2名、補欠 1名)
eNCへの派遣人数:2名
eNC時着用服:日本代表ユニホームを着用

なお、2021年のeNCに派遣するeサッカー日本代表は、2020年6月以降に地域予選大会を経て、2021年3月頃にJFA主催大会の開催を検討するとのこと。

■関連リンク

FIFA eNations Cup 2020公式サイト https://www.fifa.com/fifaeworldcup/fifa-enations-cup/

(文●fanatic wilkinson’s)
(編集●VAMOLA eFootball News編集部)