台風19号の難を逃れた「奇跡のお米」が宮城県で収穫の時を迎えたという。

4日、羽生結弦選手を描いた宮城県角田市の田んぼアートが、台風19号の被害を免れ、米も無事収穫されたことが伝えられた。

地元の方によると近くの道路などが冠水する中、難を逃れたのは「奇跡的だ」という。冬季五輪のフィギュアスケート男子で2連覇という偉業を成し遂げた羽生結弦パワーは約50アールの田んぼにもそのまま残っていたという。

収穫された米は、一部がふるさと納税の返礼品になる予定だという。お米の詳細は、今秋以降に明かされるらしい。

「五輪連覇」という偉業を成し遂げた「仙台」の「結弦くん」パワーが東北の地に実りという奇跡を呼び込んだのかもしれない。

文/スポーツブル 編集部

_____

羽生選手と東北に関する過去のスポーツブル記事は、こちら(←クリックすると記事ページへジャンプします)

「4月22日は結弦くんの日」羽生結弦選手2連覇おめでとうパレード in仙台

「今日は結弦くんの日」宮城県仙台市 羽生結弦選手パレード大盛況

4月の仙台は「結弦くん日和」羽生結弦選手フィギュアスケートモニュメントデザイン発表式

仙台市役所で東北について語る羽生選手(2018年4月撮影/スタジオアウパ )