Bリーグの中継や見どころなど、幅広くバスケットボールの魅力を紹介する「BS12水曜バスケ!」では、Bリーグ開幕スペシャル企画として、同番組の解説で元日本代表の渡邉拓馬さんと、宇都宮ブレックスの田臥勇太選手の夢の対談・後編を放送した。

 二人は高校時代にウィンターカップ決勝で対決したライバルであり、田臥選手がNBAに挑戦する前、スーパーリーグ時代にアルバルクで1年間チームメイトとして共に戦った盟友。

日本バスケットボール界のレジェンドによる対談の後編は、日本バスケやBリーグの未来、チームメイト時代の想い出話を熱く語った。

NBAで感じた、日本バスケとの練習の差

 

渡邉:日本バスケット界の盛り上がりについて

田臥:これだけバスケットが注目されたことはなかったんじゃないかなと思う。注目してもらえているのはありがたいし、子供達がバスケットに夢や目標を持てる環境になってきているのが嬉しい。これをスタートにして、バスケットに関わる全ての人が一丸になって盛り上げていきたい。

渡邉:個の能力なら世界に負けていないと思うのに、チームとして勝ちきれない。日本バスケに必要なものは?

田臥:NBAに行ってビックリしたのは、正確性。練習のシューティングとかも外さないし、パス練習も一つ一つのパスのスピードが早い。その積み重ねが点差に現れていると思う。

・合わせて読みたい→
40歳目前の田臥勇太が考える「自身の伸びしろ」とは?元日本代表の渡邉拓馬さんと夢の対談(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yutatabuse-takumawatanabe-conversation/)

 

渡邉:子供のころはどんなことを意識して練習していた?

田臥:練習の中で、自分にしかできない技術は何なのということを考えていましたね。練習をしていく中で、自分はパスを出すのが好きなんだとか気付けるようになって。苦手な部分を練習するのもいいですけど、得意な部分をどんどん伸ばしてほしいですね。

渡邉:田臥選手は常に周りを見ているイメージがある

田臥:試合中、ベンチにいても試合に出ていても、常に感じとるように気を付けてはいます。ここで今何が必要なのかなと、考えていますね。それこそ、拓馬さんと一緒にプレーをしていたアルバルクの時代は、折茂(武彦)大先輩もいて、折茂さんと拓馬さん、どこにパスを出すべきなのかとか…笑

日本を代表する司令塔にも意外な忖度?があったことを告白。VTRを受け、渡邉さんは「当時、田臥選手は何を考えているのか読めなかった。でも、ゲームの流れを読む力がある選手。プレーするのに年齢は関係ないということを実証して欲しい。折茂選手が49歳で引退なので、それ以上やって欲しい。納得するまでバスケを続けて欲しいですね」と、エールを送った。

次週10月16日の「BS12水曜バスケ!」では、千葉ジェッツVS宇都宮ブレックスのゲームを中継する。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]