「クライマックスシリーズ」 巨人―阪神第1戦  阪神戦に先発し、8回途中1失点で勝利投手の巨人・山口=東京ドーム【写真提供:共同通信社】


■山口俊(読売巨人)
○5−2vs阪神(東京ドーム)
投球成績/7回1/3 被安打4 奪三振7 失点1

 読売巨人の山口俊が9日のCSファイナルステージ第1戦で8回途中4安打1失点の好投。チームに重要な意味を持つ初戦勝利を届けた。

初回から圧巻のピッチングを続けた。「長いイニングというより、一人一人しっかり勝負する気持ちで投げました」と山口。初回、先頭の木浪聖也をフォークで空振り三振に仕留めると、その後も力強いストレートと鋭いフォークのコンビネーションで序盤3回を計6奪三振でパーフェクト投球。その間、味方打線が丸佳浩、岡本和真の2者連続アーチなどで5点のリードを奪うと、「序盤であれだけ点を取ってもらったので、無様なピッチングはできない」と4回2死満塁のピンチもワイルドピッチの1失点のみに抑え、そして5回、6回、7回と再び無失点ピッチング。4点リードの8回1死1塁の場面で交代を告げられて「投げ切りたかったですね」と振り返ったが、それでもCSファーストステージで“下克上”を成し遂げた阪神打線の勢いを止め、絶大なる安心感をチームに与えた。

 試合後のお立ち台では「勝つしかないと思ってマウンドに上がったので、その結果チームが勝ててよかったです」と胸を張った。9月28日のレギュラーシーズン最後の登板から中10日と間隔が空いたが、「しっかりと調整できた」とキッパリ。重圧のかかるポストシーズン初戦の先発マウンドに送り込んだ原辰徳監督も「粘り強く、慎重に投げていた。ナイスピッチングでした」と褒め称えた。

 最多勝(15勝)最多奪三振(188奪三振)最高勝率(7割8分9厘)と“3冠”の大活躍で投手陣をけん引した男は、ポストシーズンでも安定感抜群。ファンの大歓声を受けながら「相手のまだまだ一戦一戦気を引き締めて戦っていきます。明日からも応援よろしくお願いします」と力強く言い切った。