中村の2点適時二塁打でエース里をKO「越えてくれ!と思って走りました」

 女子プロ野球は7日に、埼玉・上尾市民球場で秋季リーグを行い、京都フローラが4-3で愛知ディオーネに勝利した。

 愛知は里綾実、京都は小西美加の両エースが先発に上がった一戦は、4回まで両者無失点のピッチングを繰り広げる。試合が動いたのは5回、京都の攻撃。2死走者なしの場面で1番三浦がレフト前ヒットを放つと、続く2番厚ヶ瀬、3番村松にもヒットが生まれ2死満塁。ここで先日プロ通算400安打を達成した岩谷がレフト前2点タイムリーヒットを放ち先制した。

 さらに5番中村茜がセンターの頭上を大きく超える2点タイムリースリーベースヒットで4-0。2死から5連打を浴びせ里をノックアウトした。中村は、「チームの勢いに乗って初球から思い切り打とうと思って打席に入りました。少し詰まったかなと思いましたが、越えてくれ!と思って走りました」とこの時の心境を語った。

 6番三原を空振り三振に仕留め、攻撃を断ち切ると、その裏、愛知が反撃に出る。2番佐藤がセカンドへの内野安打で出塁し、盗塁を成功させると、3番星川が右中間タイムリーツーベースを放ち1点を返す。さらに6回、1死二塁の場面で7番岩見が右中間を破るタイムリーツーベースヒットで2-4。その後、代打攻勢を仕掛けるなど2死満塁とチャンスを作り、ピッチャー小西を揺さぶる。ここで2番佐藤が押し出し四球を選び、3-4と1点差に迫る。

 最終回の7回。6回よりマウンドに上がった坂東が5番中村に四球を許したものの、落ち着いたピッチングで無失点に抑える。あとは反撃を待つだけ。その裏、京都はマウンドに守護神・森を送る。死球、四球で2死一、二塁のピンチをつくるも、最終バッターのヂェン・チーをレフトフライに仕留め、試合終了。1点を守り抜いた。

 雨が降りしきる難しいコンディションでの試合は、京都が接戦をものにし2位に浮上した。一方の愛知は痛い2連敗。女王決定戦出場をかけ、負けられない戦いが続く。日本女子プロ野球リーグ