京都植村が今季6度目の完封でハーラートップタイの10勝目

 女子プロ野球秋季リーグは6日、埼玉県所沢航空公園野球場で2試合が行われ、第1試合は京都フローラが6-0で愛知ディオーネに完勝し、第2試合は埼玉アストライアが3-0で京都フローラを破った。

 第1試合は愛知が松谷比菜乃、京都は植村美奈子が先発した。京都は1回1死一、三塁で4番岩谷がプロ通算400安打となる右翼線2点三塁打を放ち先制。続く中村にも適時打が飛び出すと、その後も失策や適時打で得点を重ね、打者一巡の猛攻で一挙6点を挙げた。

 愛知は2回から久保がマウンドに上がり、3イニングを無安打無失点の好投。その後は笹沼、黒長とつないで追加点を与えなかった。

 投手陣の奮闘に応えたい愛知打線だったが、京都・植村の投球に沈黙。植村は3安打6奪三振で今季6度目の完封勝利を飾り、ハーラートップタイの10勝目(3敗)を挙げた。

 植村は「力強く投げることができました。先頭打者を打ち取ること、守備の時間を短くすることを意識し、ストライク先行で行こうと考えていました。女王決定戦もあるので状態を上げてこれからの試合にも臨んでいきます」とコメントした。

秋季リーグ首位の埼玉が、2位愛知とのゲーム差を「2」に広げる

 第2試合は埼玉が水流麻夏、京都は龍田美咲が先発。高校時代(神戸弘陵高)の先輩後輩対決が繰り広げられた。

 試合が動いたのは3回だった。埼玉は先頭の2番田口紗帆が中前打で出塁すると、1死二塁から4番泉由希菜が右越え適時二塁打を放って先制した。5回には泉が2本目の適時打を放ち、続く5番只埜も投手適時内野安打で1点を追加。3-0とリードを広げた。

 京都はその裏、9番佐々木の右中間三塁打などでチャンスをつくるも1番三浦が中飛に倒れ、得点を逃す。

 埼玉は6回から古谷が登板。2死二、三塁のピンチを切り抜けると、7回も無失点に抑えて勝利を手にした。

 泉は4安打2打点と打線を牽引。捕手としても強力フローラ打線を無得点に抑える好リードを見せ、「4番の仕事をしようと打席に入ったので、結果につながってよかった。アストライアとしては悔しい試合が続いていましたが、所沢で勝利することができてよかった」とコメントした。

 埼玉は2位愛知とのゲーム差を2とし、秋季リーグ優勝に一歩近づいた。一方、京都フローラは3位脱出ならなかった。日本女子プロ野球リーグ