■「チャイナ・オープン」(中国・北京/9月28日~10月6日/ハードコート)

6日、大会9日目の女子シングルス決勝。第4シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)と対戦する。

今シーズン「全豪オープン」覇者の大坂と、「全仏オープン」でグランドスラム初優勝を果たしたバーティ。両者は今回が4度目の対戦となり、過去の対戦成績は大坂の1勝2敗だ。

今大会の大坂は、1回戦から3回戦までストレートで勝利。準々決勝では2019年「全米オープン」覇者であるビアンカ・アンドレスク(カナダ)を、準決勝では同大会前年優勝者のカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)を破り、自身初の同大会決勝進出を果たした。

一方のバーティは、3回戦から準決勝までの3試合すべてフルセットを制しての勝ち上がりだ。

9月の「東レ パン・パシフィック・オープン」優勝に続き、出場2大会連続での決勝を戦う大坂。連続優勝はなるか期待される。大坂の決勝は、日本時間17時30分以降に開始予定。

■「楽天ジャパンオープン」(日本・東京/9月30日~10月6日/ハードコート)

大会7日目の男子シングルス決勝。第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が予選勝者で世界80位のジョン・ミルマン(オーストラリア)と対戦する。両者の過去対戦成績はジョコビッチの2勝0敗。

準決勝で、2017年の同大会優勝者ダビド・ゴファン(ベルギー)にストレートで快勝したジョコビッチ。試合後のオンコートインタビューで「この一週間、公私ともに日本で素晴らしい日を過ごすことができたので、最後はトロフィーを掲げて締めくくりたいと思います。みなさん、私と私のチームの滞在を素晴らしいものにしてくれてありがとうございました」と日本のファンへの感謝、そして決勝への意気込みを話した。

「楽天ジャパンオープン」初出場で初優勝を目指すジョコビッチ。決勝は15時30分以降に開始予定だ。

■「ATP500 北京」(中国・北京/9月30日~10月6日/ハードコート)

大会7日目の男子シングルス決勝。第1シードのドミニク・ティーム(オーストリア)が第3シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)と対戦する。両者の過去対戦成績はティームの3勝2敗。

今シーズン、マスターズ1000を含めて3個のタイトルを獲得しているティームと、2個のタイトルを獲得しているチチパス。両者が決勝でどのような試合を見せるか。試合は、日本時間20時30分以降に開始予定だ。

◇   ◇   ◇

【10月6日の注目ドロー】

◆「チャイナ・オープン」

女子シングルス決勝

[1]アシュリー・バーティ(オーストラリア)対 [4]大坂なおみ(日本/日清食品)

◆「楽天ジャパンオープン」

男子シングルス決勝

[1]ノバク・ジョコビッチ(セルビア)対 [Q]ジョン・ミルマン(オーストラリア)

◆「ATP500 北京」

男子シングルス決勝

[1]ドミニク・ティーム(オーストリア)対 [3]ステファノス・チチパス(ギリシャ)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「チャイナ・オープン」での大坂なおみ

(Photo by Xinyu Cui/Getty Images)