「楽天ジャパンオープン」(日本・東京/9月30日~10月6日/ハードコート)男子シングルス準々決勝、世界127位のダニエル太郎(日本/エイブル)が予選勝者で世界80位のジョン・ミルマン(オーストラリア)に4-6、0-6のストレートで敗れた。ダニエルは試合後の記者会見で、「僕のフォアがもう少しよければ、相手も少しミスってくれたかもしれないし、それか、相手がもう少しミスってくれれば、僕のフォアももう少しよくなったかもしれない」と語り、試合前には腕が硬く感じていたことも明かした。

ミルマンについては「しぶとい相手だということは分かっていたので、どういう風にポイントを取っていけばいいのかということが、試合前からなかなかクリアじゃなくて」と、攻略法をプレー前から見出せずにいたことも語った。

実はダニエルとミルマンは、プライベートでも時間を過ごすことのある友人だ。「太郎はすごくいい友人なんだ。僕たちは何度も一緒にプレーしている。でも、それだけではなくて、同じトーナメントに出場するときは、いつも一緒に練習したり、一緒に夕飯を食べたりしているんだ」

「すごくいい友人だけれど、試合中は友情のことは忘れるよ」とミルマンはATPの公式サイトに語っている。

ミルマンはまた、ダニエルとの試合前に、「肉体的にとてもタフな試合になるだろうね。太郎と対戦する時は、いつもタフな試合を覚悟しなくてはならないんだ。いいテニスができるといいなと思うよ」と話しており、ダニエルは、「彼は去年ロジャー・フェデラー(スイス)に勝っているし、全米でベスト8に行っているし。ランキングはすごく高くはないですが、ここにいても全然おかしくない選手で、タフですね」とミルマンについて話していた。

両者がATPツアー本戦で対戦するのは今回が2度目。前回は2018年の「ATP250 ウィンストンセーラム」で対戦しており、その時はダニエルが6-4、7-6(7)ストレートで勝利した。2人の対戦成績は、チャレンジャー大会も含めると、これでミルマンの3勝1敗となった。

ミルマンは次の準決勝でライリー・オペルカ(アメリカ)と対戦する。オペルカは211cmの長身を生かしたビッグサーブの持ち主で、準々決勝では内山靖崇(日本/北日本物産)を6-3、6-3のストレートで破っている。

(テニスデイリー編集部)

※写真は2019年の(左)ダニエルと(右)ミルマン

(Photo by The Tennis Daily)