「楽天ジャパンオープン」(日本・東京/9月30日~10月6日/ハードコート)の大会5日目、男子シングルス準々決勝で世界127位のダニエル太郎(日本/エイブル)が予選勝者で世界80位のジョン・ミルマン(オーストラリア)と対戦。4-6、0-6でダニエルが敗れ、ベスト4進出はならなかった。

勝利したミルマンは、準決勝で世界53位ライリー・オペルカ(アメリカ)と対戦する。オペルカは内山靖崇(日本/北日本物産)を破っての勝ち上がり。

第2セットはミルマンのサービスゲームから。4-6で第1セットを落としたダニエルは、まだリズムに乗りきることができない。第2ゲームでデュースの末にブレークを許すと、続く第3ゲームをラブゲームでキープされ、序盤3ゲームを落とした。

さらに第4ゲームでもブレークを喫し、ゲームカウント0-4とされたダニエル。第5ゲームでもチャンスをつかむことができず、これで第1セットから連続7ゲームを落としたことになった。

そしてダニエルのサービスゲームとなる第6ゲーム。後が無くなったダニエルはなんとか一矢を報いたいところだが、ミルマンの前に力尽き、0-6で第2セットを落として敗れた。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「楽天ジャパンオープン」でのダニエル太郎

(Photo by Koji Watanabe/Getty Images)